*2018.10*2週間のアメリカ大冒険旅 1日目 – ロイヤルハワイアンホテルのAbhasa Spa(アバサスパ)で、トリートメントを受けてリラックス♪

   

2週間のアメリカ大冒険の1日目の続きです。

今回の旅程は、ハワイ→ロサンゼルス→ラスベガス→ハワイと、最初と最後でハワイに立ち寄るプランにしたので、1日目は大好きなハワイでのんびり過ごしました。

 

前の記事でも触れましたが、最初にハワイに立ち寄った目的は2つ。

  1. ハレクラニでサンデーブランチを食べること
  2. アバサスパでトリートメントを受けること

美味しいものをいただいてリラックスをするのが目的でした。

 

1つ目の目的のサンデーブランチについては、すでにブログでご紹介しましたので、今回は、アバサスパでのトリートメントについて書いてみたいと思います。

 

 

これまでの記事は、こちらからご覧くださいね。

*2018.10*2週間のアメリカ大冒険旅 1日目 – ハレクラニ オーキッズのサンデーブランチで、青いワイキキビーチとダイヤモンドヘッドを眺めながらの贅沢なブランチ♪

*2018.10*2週間のアメリカ大冒険旅 1日目 – ハワイアン航空のビジネスクラスで、快適にハワイへ♪成田空港「JALさくらラウンジ」利用レポート付き!

*2018.10*2週間のアメリカ大冒険旅 1日目 – 世界の五つ星ホテル!トランプインターナショナルワイキキホテルに宿泊♪

 

初めてのアバサスパへ

ハワイでのスパと言うと、いつもハレクラニやモアナサーフライダーに行ってしまうので、ロイヤルハワイアンのスパは初めてです。

ホテルの中と言うよりは、中庭の中に建っている別棟にあり、よく前は通ったりしていたので、存在を知ってはいました。緑の生い茂る中庭にあるので、“森の中のナチュラル派エステというイメージが強かったのですが・・・調べてみると、Spas of Americaで全米で2位、ハワイ州では1位に輝いたことがあるそうで、実力派のスパなのです。

 

予約について

今回、かなり直前だったにも関わらず、予約がスムースに取れたのがありがたくて。
2人一緒に施術していただけるカップルルームも空いていたし、コースもお時間も好きなものが選べたのもポイントが高かったです。

私が最初にコンタクトを取ったのは、予約希望日の4日前というshort noticeでした。
さらに、きちんとフォームを返送したのは3日前だったので、かなりギリギリだったことがわかるでしょうか。

時期が10月末ということもあり、繁忙期ではなかったのも大きかったかもしれませんが、他のホテルのスパよりも予約が取りやすいと感じたので、直前でもダメ元で聞いてみるといいかもしれません。

 

予約に関しても、メールでのやり取りで済むので、その点も便利でした。
時差の都合で、タイミングによっては1日空いてしまう感じにはなるのですが、それでも返信が非常に速いと感じました。

私は英語でも日本語でもどちらでも構わなかったのですが、こちらが日本人だとわかると、日本人のスタッフの方が対応してくださいます。
英語ができなくても簡単に予約ができるので、英語が苦手な方でも利用しやすいかもしれません。

また、メールではなくLINEを利用することもできるそうで、その点も便利なのではないでしょうか。(私は、こういうやり取りにはあまりLINEを利用しないので、どんな感じかになるのかちょっとわかりませんが、ご参考までに。)

 

予約当日

いよいよ予約当日となりました。
ハレクラニでお腹いっぱいブランチをいただいたので、ホテルで少し食休みをしてから伺いました。

☛こういうエステは、お腹がいっぱい過ぎても空腹すぎても良くないので、食間にトリートメントが受けられるようにお時間をセットするのがポイントです。

当日は、トリートメントの開始時刻の20分前に伺うようにとのこと。
受付で名前を伝えて、お水をいただきながら、カウンセリングフォームを記入します。

 

その後は、男女別々にロッカールームに案内されて、着替えます。

こちらはスポーツジムのロッカーみたいな感じで、他のお客さんと一緒に使うのですが、タイミングが良かったのか、私も主人も誰とも一緒になることなく、貸し切り状態でした。

 

こちらが男性のロッカー。

ロッカーの中には、スリッパとハンガーに、エステ用のバスローブが用意されています。

 

女性の方も同じです。

 

一応、カーテンで目隠しされた着替えスペースがあります。

ここを使わず、そのままロッカーの前で着替えてしまってもOKです。

 

タオルはこちらに置いてあるので、必要なら棚から取って使います。

 

女性のシャワーゾーンはこんな感じ。

2個ブースがあります。

 

男性の方も同じ造りになっていたみたい。

 

女性の方にだけは、ジャグジーもあります。

今回は、ホテルでお風呂に入ってから伺ったので利用しませんでしたが、こちらで体を温めてから施術を受けるのも良さそうですね。

 

スチームルーム(サウナ)も男女ともにあるのですが、今回は故障中でした。

私はサウナ自体が苦手なので、あまり関係ありません。

 

洗面台には、各種コスメやドライヤー、ヘアブラシやコットンなどが用意されています。
ハワイらしくサンケアもあるので、太陽の出ている時間に手ぶらで行っても安心です。

 

寛ぎスペースもあります。

こちらは男性用で、ゆったりしたソファに、雑誌が用意されています。

 

こちらが女性用です。

 

バスローブはこんな感じ。

ロイヤルハワイアンホテルのバスローブとは違いますが、ロイヤルハワイアンらしいピンクのバスローブです。(結構丈が短めでした。)

 

バスローブに着替えたら、待合室に戻ります。
ここは椅子が2客と小さなソファが置いてあるだけのスペースですが、飲み物がいろいろ用意されており、施術の前後は、こちらでゆったりすることもできます。

ロッカールームのソファスペースは男女別々なので、一緒にいられる場所となるとこちらだけ。
ですが、他の方もいたので、あまりゆっくりする雰囲気ではありませんでした。

 

ハーブティやヨギティーに、グアバジュースもあるのがハワイらしい感じ。

 

冷たいお水もあり、トレーには蘭の花が乗せられています。

 

ほどなくして、セラピストの方にお部屋に案内されました。

森の中のガーデンにあるカバナへ。
室内のお部屋にすることもできましたが、せっかくなので、ガーデンの中のお部屋にしてみました。

 

簡素なお部屋で、幌みたいなカーテンで囲まれています。

 

ベッドが2つ並んでいて、お互い頭と足が逆向きになっています。

主人の様子を見ようと横を見ても、見えるのは足元だけ(笑)
なんでこういう配置になっているのか、ちょっとよくわかりませんでした。

 

あまり仲良くない女友達と一緒に行くパターンを想定しているのかしら・・・?いや、そんな仲良くない人と同じお部屋でエステ受けないしなぁ?そもそも、一緒に旅行も行かないだろうし・・・うーん。

な~んていろいろ考えてしまう配置でした。

 

お部屋の角にフックがあり、そこにバスローブをかけるようになっています。
小物入れなどの用意はないので、極力ロッカーに入れてくるのが良さそうです。

 

その場で追加できるメニューや、オプションのオイルもあります。

私は敏感肌のため、アロマオイルを入れると合わないこともあり、追加はしませんでした。

 

今回は、ボディ80分とヘッドスパ25分のコースにしました。

先にボディのマッサージの後に、ヘッドスパという流れです。
ボディ背面→ボディ前面→ヘッドスパで、途中で一度、うつ伏せから仰向けになるので起きますが、それ以外はセラピストの方がヘッドレストを調節して施術してくださるスタイル。

どちらもとても気持ちが良く、圧も程よくて、すっかりリラックスができました。
主人の方は、最初は少しパワーが足りないかなぁと感じたそうですが、途中で圧の確認されたときに希望を伝えたら、ちょうどいい強さになったそうで、そこからはとても気持ちが良かったとのことでした。

コースの詳細は、この次の今回受けたコースについてのところで書いてみることにします。

 

マッサージの後は、おしぼりを用意してくださり、セラピストの方は一旦お部屋を出られます。

バスローブを着て、身支度をして外に出ると、セラピストの方が待っていてくださって、また待合室まで案内してくださいます。

この後は、待合室で飲み物をいただいて一息ついてから、シャワーと着替えです。
もちろん、着替えた後にも待合室でゆっくりすることもできます。

 

今回受けたコースについて

カップルパッケージ クウイポをベースに、ボディマッサージを個別に変更してみました。

ベースにしたコースがこちらです。

カップルパッケージ クウイポ

  • 80分 ロミロミマッサージと
  • 25分 ミニフェイシャル、ヘッドスパ、リフレクソロジーから選択。

2名様料金
※スパギフト付

所要時間  105分
金額    $530(2名様分)

 

この内の80分のロミロミマッサージを、私はアバサハーモニーに、主人はディープティッシューに変更。25分の選べるコースは、2人ともヘッドスパを選びました。

 

アバサ ハーモニー

ハワイの伝統的マッサージロミロミと東洋の伝統的マッサージ指圧を融合し、アバサ流にアレンジしたユニークなマッサージ。指圧でツボに圧を加えた後、リズミカルなロミロミでストレスや張りをほぐします。

 

ディープ ティシュー

ゆっくりとした圧を加えることにより、筋肉深層部に働きかけ、疲労・ストレス・慢性的な痛みを和らげます。

 

ちなみに、元々パッケージに入っているロミロミマッサージはこんな感じ。

ロミロミ

心身を刺激し、活力を与えるリズミカルなハワイの伝統的なマッサージ。古来の伝統にちなみ、ククイ・ココナッツオイル配合のハワイアンソルトを使用したフットマッサージからスタートします。

私はロミロミマッサージのままにするか迷ったのですが、かなり肩凝りもひどかったので、指圧の要素もあるアバサハーモニーにしたのでした。

アバサハーモニーは、スパでイチオシのメニューというだけあり、とても良かったです。
指圧で肩凝りを物理的にほぐして、ロミロミマッサージでリラックスもできて、両者のいいところどりをしたような感じで、このときの私の状況にはぴったりだったように思います。

 

ヘッドスパは、こんな感じの内容です。

へッド・スパ

贅沢な頭皮マッサージに、ヘアーパックの付いたリラックス効果の高いトリートメントです。

頭皮マッサージなのですが、ドライではなく、パックを付けて丁寧に行います。

アロマの効果もあるのか、ドライマッサージよりもリラックス効果が高く感じました。
普段はエステなどでもずっと起きていられるタイプの私が、気付くとウトウトしてしまうほど!あっという間に25分が終わって、頭もほぐれて、すっきりしました。

 

終わった後は、ヘアパックが付いた状態になるので、髪を洗い流す必要があります。
ちょっとぐらいであれば、そのまま洗わずにホテルに戻って、ホテルでお風呂に入ればいいかなぁと思っていたのですが・・・さすがにこれではお外に出られないぐらいの感じだったので、流すことにしました。

 

トリートメント成分をしっかり浸透させるので、シャンプーなどは使わず、お湯で流してそのまま乾かすだけでOKとのこと。言われた通りに、お湯で流しただけで乾かしてみました。

使い慣れないドライヤーとヘアブラシでしたが、髪もツルツルサラサラに仕上がりました。髪からも体からもハワイの香りがして、何だか優雅な気分~♪

機内で乾燥して、髪もお肌もパサついていたので、しっとり潤っていい感じになりました。

 

主人も髪がツヤツヤで、顔色が良くなり、すっかりリラックスしていました。

男性は筋肉量があるので、女性に比べて凝りや血行不良などにはなりにくいように思いますが、それでも、仕事のストレスなどで緊張する時間が多いので、無意識の力みなどがあるなぁと常々感じます。

主人は元々体も強いのに加えて、トレーニングで鍛えているし、我慢強い性質なので、疲れや強張りを自分でも意識していないなぁと感じることが多々あります。でもこうしてリラックスすることで、脱力した状態を体感してもらうと、自分が力んでいたことがわかるようです。

 

補足すると、「ストレス」というのは、一概に「悪いもの」ではないのですが、緊張と弛緩の繰り返しが大事だと私は考えています。テンションをかけるときと、脱力するときと、どちらもあって良い(なくてはならない)のですが、この切り替えがうまくできることが大事なのですよね。

そして、頑張り屋さんほど、テンションをかけたままで過ごしがちなので、意識的にリラックスを心掛けるようにするのが良いのかなぁと思ってます。

力んでいるときって、自分では力んでいる自覚がないことも多いもので・・・。その必要がないときは、脱力できるように周りが仕向ける(?)ことも大切だなぁと思っていたりします。

 

話が逸れましたが、カップルコースでは、帰り際にお土産をいただけます。

「本当に些細なのですが・・・」と申し訳なさそうに手渡してくださいましたが、こんな可愛らしい小さな石鹸のセットでした。

 

これまたピンクのパッケージがロイヤルハワイアンらしいです。

成分は非常にシンプルで、化学的な原料は一切使っていません。
お肌に優しく、品質も良さそうで、こいういうプチギフトは嬉しいですね。

 

料金についてと、まとめの感想

料金は、カップルパッケージの一部を変更したので、その差額が加わりこんな感じです。

カップルパッケージ クウイポ  $530
アバサハーモニー(差額)    $10
ディープティッシュー(差額)  $10
合計(税金・サービス料込)   $674.92

※サービス料が18%加わっているので、チップは不要とのことでした。
もちろん、サービスが気に入った場合は渡してあげると喜ばれると思います。

 

カップルで受けられるコースは、通常のコースを2人分組み合わせたものと変わらないので、コースの内容も好きにアレンジすることができます。

今回は、カップルパッケージ クウイポをベースに、一部のコースを変更した形になりましたが、全て好きなメニューで組み合わせるのもOKだそう。2人違うコースを同じお部屋で受けることも可能です。

 

また、驚いたことに、アバサスパはカップルルームの利用料がかかりませんでした。
通常は、カップルプラン以外では、カップルルームの利用料はかかるというスパが多いのですが、ここはそれが必要ないとのことです。

ただし、カップルルームの中には、ジャグジーやトイレなどの施設はないし、着替えのスペースやロッカーもシャワーもなく、「トリートメント専用のお部屋」という感じにはなっています。
なので、着替えなどは他の方と共同のロッカールームを利用することにはなるのですが、お部屋を簡素に、“トリートメントだけのスペースにすることで、部屋数を増やせているのだと思うので、これはこれで悪くないと感じました。

もちろん、ハレクラニやモアナサーフライダーなどに比べると、ラグジュアリー感はありませんし、二人だけのくつろげる空間というものはないのですが・・・。
その分のメリットとして、お部屋の数も多いので予約が取りやすく、お値段も抑えられていて、利便性が高くて気軽に利用しやすいスパだと思いました。

 

森の中で受けられるナチュラルな感じで、お部屋の造りも山小屋風なので、これもまた一つのハワイらしさを感じることができます。
ラグジュアリーな空間で、二人っきりの時間を楽しんでゆったりしたいなら、ハレクラニやモアナサーフライダーの方がおすすめですが、ハワイでエステを受けるのがメインということであれば、こちらは良い選択肢だと思いました。

 

実は今回、あいにくワイキキのデモと重なってしまったため、カバナでの施術はかなり騒々しいときがありましたが、普段であれば、鳥のさえずりを聞きながら、森林浴をしながらの施術で、とてもリラックスできると思います。

マッサージの腕も良く、クオリティも高かったので、エステを純粋に楽しむのであれば、おすすめできるスパだと思いました。

次にハワイに行ったら、ぜひまたアバサスパにも伺いたいと思います♡

 

アバサスパのHPはこちらです。

アバサスパ

HPのフォームからも予約ができるようになっています。

 

こんな感じで、この日に予定していたスケジュールは、以上でおしまいです。

リラックスもできたし、翌日のフライトに備えて、早めにホテルに戻って休むことに。
ところが、ちょうど帰り道にあるお店にフラッと寄り、大きなお買い物もしたので、そちらもまたレポートしたいと思います。

 

続きをお楽しみに~♪

 

 

 

 - 旅>海外 , , , , , , ,

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。