【銀座 チーズ王国】本格派チーズを大人買い

      2017/10/30

こんにちは。manaです。
何を隠そう、大のチーズ好き夫婦の私たち。美味しいチーズがあるだけで、何だかワクワクしてしまうぐらい。常に美味しいチーズが冷蔵庫にあるようにと、週末はこうして時々二人で、お気に入りのお店にチーズを買いに行くのです。

先日銀座で購入したチーズをご紹介します。

 

◇農家製ゴーダトリュフ(オランダ)
◇ミラボーノア(ドイツ)
◇特選グラナパダーノDOP(イタリア)
◇カルヴァドスブリー(フランス)
◇ブルードブルビレガリス(フランス)
◇フレッシュクリームチーズ ハ二ーアップル&カルヴァドス酒入り(日本)

今回はいつもよりたくさんで、6種類を購入しました。おまけでクラッカーもいただきました。
ハード・セミハード・白カビ・青カビ・ウォッシュ・フレッシュと、図らずも全種類のチーズが揃ってしまいました。

 

購入した場所は、銀座の松屋に入っている【チーズ王国】というチーズ専門店。
ご存知の方も多いかと思いますが、日本人で初めて、フランスでチーズ熟成士の最高位を取られた久田早苗さんのお店です。
日本にはもちろん、パリにもお店があり、フランスでの評価も高く、つい先日フィガロで6店の最高峰のチーズ屋さんの1つに選ばれたほど。

独身の頃から【チーズ王国】や【フロマジュリーHISADA】には足しげく通っていたので、こうしてマダム久田のチーズを主人と一緒に「美味しいね」って食べられるのが嬉しいです。

 

お家に帰って、早速盛り付けていただきました。

◆6種のチーズの盛り合わせ

 

今回の目玉は、トリュフ入りのゴーダチーズ(右奥)でしょうか?
試食させていただいて、主人も私も、何だか気分にぴったりきました。

 

デザート感覚の甘いフレッシュチーズは別に盛り合わせました。
スプーンですくって、ムースみたいに食べちゃいます。

 

簡単に、1種類ずつご紹介します。

◇農家製ゴーダトリュフ(オランダ)

オランダの無殺菌乳で作られた農家製ゴーダチーズをベースに、香り豊かな黒トリュフがたっぷり入っています。
今のところはスライスしてそのままいただいていますが、ゴーダチーズなので加熱するとより一層美味しいはず。オムレツに入れたら最高なんじゃないかしら?と想像を膨らませつつもそのまま食べ終わってしまいそうなので、食べ切ってしまう前に挑戦してみようと思っています。

このゴーダチーズのシリーズで他によく買うのは、ゴーダトマトオリーブとゴーダポワブルです。いずれも、加熱してもそのままでも、どちらも美味しくいただけます。

 

◇ミラボーノア(ドイツ)

刻んだクルミの入ったカマンベールチーズです。かなりマイルドで食べやすい白カビチーズで、皮の部分にコクがある感じです。ほぼ毎回買うほど、数年来の私のお気に入り。
白カビというとフランスなイメージですが、ドイツのも美味しいのですよね。

クルミの食感が決め手なので、加熱はしたことがなく、いつもそのままいただいています。
サラダのトッピングにもよく合いますし、スモークサーモンと合わせたオードブルもおすすめです。

 

◇特選グラナパダーノDOP(イタリア)

24か月熟成のパルミジャーノが美味しかったので、ハードも買うことにしたのですが、今回の他のラインナップがわりと個性的なものだったので、少しマイルドで汎用性の高いグラナにしました。(卵白リゾチームが盲点でした。)

サラダのトッピングにはもちろん、キューブ状にカットしてドライトマトのオイル漬けと合わせる食べ方も美味しいですし、すりおろしてどんどんお料理に使っています。

例えば、先日作ったリゾットでは、お味の骨組みにもなっています。

ポルチーニの玄米リゾット フォアグラ乗せ

 

また、お弁当のカルボナーラにも使って、コクを出しています。

カルボナーラ

グラナとかパルミジャーノって、何にでも使えて扱いも楽なので、こういうハードチーズは調味料として常に冷蔵庫に入れておきたいですね。

 

◇カルヴァドスブリー(フランス)

こちらは主人のお気に入りのチーズの一つで、レーズンとも合います。
ブリーチーズをカルヴァドスでウォッシュしたもので、わりと個性の強いチーズでしょうか。

よく「きのこの香り」と言われるのですが、確かにきのこみたいな菌類の香りと、カルヴァドスの甘い香りが混ざったような感じがします。
香りは強いですが、お味自体はマイルドで食べやすく、パン粉の粒々の食感が面白いチーズです。

 

◇ブルードブルビレガリス(フランス)

普段あまり買わないブルーチーズ、主人が気に入ったので買ってみました。
羊乳で作られたブルーなので、結構クセが強めで、私はごく少量で十分です。

水分量が多くて、まるでフレッシュチーズみたいな触感です。クリーミーで口どけが良いので、そのままクラッカーに乗せていただくのが美味しいように思いました。

 

先日は、こんなお料理にも使ってみました。

白茄子の3種のチーズ焼き

加熱すると、このフワッとした食感がなくなってしまい、青カビの刺激が前に出る感じでしょうか。
私はこのブルーチーズは、加熱するよりもそのままいただく方が美味しいかなぁと思いました。(今度お家でクワトロフォルマッジを作ろうかと思っていたのですが・・・。)

ちなみに、上でご紹介したグラナパダーノもこのお料理にも使っています。

 

◇フレッシュクリームチーズ ハニーアップル&カルヴァドス酒入り(日本)

大好きなデザートチーズの1つで、フレッシュなクリームチーズに、小さくカットした甘いりんごとカルヴァドスが入ったもの。チーズというよりも、ムースみたいなふわふわの柔らかい食感で、1パックがあっという間になくなってしまうほど。

こちらは、【月のチーズ】という、北海道にある無添加のチーズ屋さんのもの。パッケージはチーズ王国オリジナルになっていますが、中身は同じです。
このアップル&カルヴァドス以外にいろんなお味があり、ブルサンみたいなハーブ&ガーリックとかのしょっぱい系もあります。私たちは、このハニーアップル&カルヴァドスがダントツ一番のお気に入りです。

 

この【月のチーズ】は、以前チーズ王国で働かれていた月村さんが始められたお店です。
乳酸菌のみで発酵させて作り、全て無添加で、乳化剤や安定剤なども不使用。また、副素材についても無農薬のものなどにこだわっています。
材料にこだわってお菓子を作られる方ならわかるかと思うのですが、無添加のクリームチーズってほとんどなく・・・パッと思い浮かぶところで、4社ぐらいでしょうか。よつばのものでさえ、安定剤が使われているぐらい。そんな数少ない、無添加のクリームチーズを作られているチーズ屋さんなのです。

私はここのフロマージュブランが大好きで、以前はすぐ近くで買えたから、毎日ヨーグルト代わりにいただいたりしていました。
今書いていて、主人にもここのフロマージュブランを食べさせてあげたいなぁと思ったので、今度見かけたら買っておこうと思います。

 

以上、今回購入した6種類のご紹介でした。

 

これ以外にも、【チーズ王国】にはお気に入りやおすすめがたくさんあるので、いつもそのときの気分や、そのとき一番状態が良いものをいただくようにしています。また違うものを買ったときにはこちらに載せたいと思います。

結婚してから今までに買った【チーズ王国】のチーズを、ダイジェスト版で。

 

結婚してまだ1年も足っていないのですが、かなりいろいろ買っていますね。
他にも、違うチーズ屋さんでも買っているし~改めて見て、チーズに贅沢してるなぁと、しみじみ思いました。

週末には主人が好きそうなお酒が届くので、二人でチーズをいただくのが楽しみです。
それでは、また。

 

 - 食材>チーズ・バター・乳製品 ,

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。