[レシピ]5分でできる!アボカドのヘルシー唐揚げ

      2018/05/30

 

5分でできる!アボカドのヘルシー唐揚げのレシピ

 

 

[材料](2人分)

 アボカド  1個
 ○お醤油  小さじ1
 ○お酒  小さじ1
 ○生姜  少々
 片栗粉  適量
 オリーブオイル  適量

 

[下準備]

  • 生姜は摩り下ろして、○の調味液の材料を合わせておく。

 

[作り方]

  1. アボカドを半分に割って種を取り、皮を剥いて、実を取り出す。さらに3等分にカットして、下準備で合わせた○の調味液に入れて、数分間浸す。
  2. 小さめのフライパンに、深さ2~3mm程度になるぐらいのオリーブオイルを入れて、火にかける。
  3. アボカドを取り出して水気を切り、片栗粉をまぶし、熱したオリーブオイルに入れて揚げ焼きにする。全部の面を転がしながら焼き、こんがり色付いたら取り出し、しっかり油を切って、完成。

 

[メモ]

  • 5分でできる簡単レシピなので、お夕飯のおかずのあと1品にはもちろんのこと、お弁当のメニューや手早く作りたいおつまみメニューにもおすすめです。
  • 面倒な揚げ油の処理も必要なく、フライパン1つでできてしまう“揚げない”唐揚げです。たっぷりの油で揚げてももちろん構いませんが、少しの油で十分美味しく出来上がるので、ヘルシーです。
  • 油の量は、使うフライパンの大きさによって変わってくるので、入れた油の深さを目安にしてみてくださいね。私は今回、直径11cmの小さなスキレットで、大さじ3のオリーブオイルで作りました。小さな玉子焼き器で作ることもあります。
  • 揚げ焼きにするときには、2切れずつぐらいがやりやすいです。油が足りなくなったら、次の2切れを入れる前に足して、少し熱してからアボカドを入れてください。
  • 下味に浸す時間は、ここでは5分ぐらいとしていますが、もう少し長めでも短めでも大丈夫です。前の日から浸けておくこともありますし、時間がないときにはサッとくぐらせるぐらいで作ることもあります。一晩置くと、アボカドの中にしっかりお醤油味が染み込んだ唐揚げに仕上がり、サッとくぐらせる程度だと、天ぷらみたいなイメージに仕上がります。浸け時間はお好みで調節してみてくださいね。
  • 今回は生姜だけにしていますが、お好みでにんにくを入れても美味しいです。
  • オリーブオイルは今回、「ネクストフーディスト」の就任プレゼントとしていただきました、デルモンテの「エキストラバージンオリーブオイル」を使いました。

    こちらのオリーブオイルは、スペイン産のオヒブランカ種を100%使っているそうで、収穫後24時間以内にコールドプレスで加工して作られているとのこと。
  • 容器はプラスチックですが、オリーブオイルでは珍しい密封ボトルタイプになっています。キッコーマンのあのお醤油と同じような二重構造になっていて、空気が入らないので酸化しにくいのだそうです。油って、酸化が一番気になるポイントなので、これは嬉しい工夫だと思います。
  • 我が家の揚げ物は、基本オリーブオイル100%で揚げています。お野菜の素揚げも、豚カツや唐揚げなどの揚げ物も、オリーブオイルだとカラッと仕上がって、とても美味しいのです。オリーブオイルは熱しても酸化しにくいので、ヘルシーですしね。先日もオリーブオイルでコロッケを揚げたので、そちらもまた別途載せたいと思います。
  • 今回はアボカドで作りましたが、椎茸で作る椎茸唐揚げもお気に入りです。そちらも機会があれば、レシピをご紹介したいと思います。お弁当にときどき入れたりするので、一例として[参考リンク]に貼っておきます。
  • アボカドの唐揚げの単体のお写真がないので、後日差し替えさせていただく予定です。見えにくいのですが、お弁当箱の一番手前(右)に入っています。お弁当に入れると、主人が喜んでくれるおかずです。

 

[参考リンク]

牛ササニクのスパイシーステーキと、アボカドの唐揚げの糖質オフお弁当

 

[レシピ]オリーブオイルで♪ヘルシーガーリックトースト

 

黒胡椒チキンステーキとポテトサラダのお弁当

 

サラダやお浸しやお野菜いろいろと、ブリカマ焼きで、あっさり晩ごはんと、食後にクルミとバニラのジェラート

💬この日は、下味ににんにくも入れて作りました。こちらの方がお味にパンチが出ますね。

 

 

 

 

 - モニター, レシピ>ごはん , , , , , , , , , ,

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。