佐野プレミアムイタリアン(SPI)の牛ヒレブロックを購入してみました!

   

こんばんは。分子栄養カウンセラーのmanaです。
先日、佐野プレミアムイタリアンにて牛ヒレブロックを購入したので、ご紹介してみます。

 

 

↑よろしければ、応援クリックお願いいたします♪

 

佐野プレミアムイタリアンで牛ヒレブロックを購入

佐野プレミアムイタリアン(SPI)で、ずっと気になっていたお肉を注文してみました。

宗谷黒牛の生ヒレブロック。
ヤマト運輸のクール便で、ゴルフクラブや傘が入りそうな長い箱で届きました。

 

気になる大きさは、なんと4.34kg!ずっしり重たいです。

このように、脂身や筋などで覆われた状態で届きます。

通常スーパーなどで売られているブロックはグリムキと呼ばれており、ここからグリムキの状態にするためには、余分なものを取り除かないといけなくて、自分でお掃除する必要があるのです。

 

3kg超えのお肉と言うと、食べ切れるかが気になるところかもしれませんが、こちらは冷蔵なので、お掃除をして切り分けたら冷凍することもできます。

冷凍のものだと解凍して切り分けて再冷凍するので、ちょっと抵抗がありますよね。冷蔵の生ヒレなら、再冷凍で品質が落ちることもないので安心です。

 

宗谷黒牛って?

宗谷黒牛は和牛ではなく交雑牛ですが、オーガニック好きにはたまらないお肉なのです。

  • 飼料は自家栽培の牧草がメイン
  • 仔牛から一貫飼育
  • 広大な牧場で放牧

ほぼグラスフェッドビーフのような飼育方法なのがわかるでしょうか。

そのため、霜降りではなく赤身で、さっぱりとした味わいが特徴。脂肪はすっきりしており、赤身は濃厚で、普段食べられる量よりも100g多く食べられてしまうお味です。

その品質の高さから、デパートのギフトなどにも使われています。

 

お掃除(解体)と部位の解説

解体ショーのように動画でも撮りたかったのですが、作業に必死でそれどころではなく。まな板を2枚つなげても収まり切らない長さで、お掃除には約1時間かかりました。

Beforeのお写真がこちら。

 

脂身や筋を削いで、出来上がりのAfterはこんな感じ。

これはなかなかの労力なので、自分でやってみると、グリムキのヒレブロックが非常に高価なのも納得。要は手間賃なのですね。

 

脂身と筋はこんな感じ。

わりと丁寧めに削いだので、これで1kgほどあります。もっと上手にやれば、お肉の部分をここまで取らずにお掃除できるはず。

こちらの脂身を使ってヘット(牛脂)を取れば、揚げ物やステーキなどに使うことができます。無駄なところは一切ないのも良いところ。

 

ヒレの部位について学ぼう!

ヒレブロックと一口に言っても、いろいろな部位が含まれています。

スタンダードなのは3分割。

左から、テート・シャトーブリアン・フィレミニヨンと分かれます。

テート 赤身が強く、ほとんどサシが入らないさっぱりした部位。ももに近い部分なので、柔らかくあっさりした味わい。オイルを補うように調理すると美味しく仕上がります。
シャトーブリアン 適度に霜降りで、赤身とサシのバランスが良く、最も食味が豊かな美味しい部位。1頭の牛からごくわずか(2kg程度)しか取れないため、貴重で高価。ヒレと言ったらシャトーブリアンですね。
フィレミニヨン サシが多めに入るため、とろけるような非常に柔らかい食感。筋を取り除くと伴が小さめになることもあり、厚めに切っていただくのがおすすめ。

当然ながら、シャトーブリアンが最も高価で、その次がフィレミニヨンです。テートは一番リーズナブルで、普通のスーパーで売られているヒレステーキはテートであることも多いです。(そういう視点で売り場を見てみると、シャトーブリアンがあるスーパーってなかなかない!)

 

ちょっとマニアックな5分割だと、こんな感じ。

3分割 5分割
テート テート
シャトーブリアン シャトーブリアン
フィレ
フィレミニヨン トゥルネド
フィレミニヨン

シャトーブリアンが2つに分かれ、フィレミニヨンも2つに分かれます。
私はせっかくなので、こちらの5分割にしてみました。

さらに今回、サイドマッスルと呼ばれる部位も付いているので、実質6分割です。
サイドマッスルは、テートからミニヨンにかけて細長い棒状に付いている部位で、サガリのようなところ。筋が多く、脂身が多い部分もあるので、ステーキよりは煮込みや焼肉が合います。

 

このようにヒレという部位には、さらにいろいろな部位に分けられることがわかります。
知識として何となく知ってはいたことも、いざ自分で解体してみるととても面白くて、本当にサシの入り具合が変化していく様子が目で確認できて、非常に勉強になりました。

お店でヒレブロックを買うときには、どこの部位が含まれているのかを確認する必要がありますが、佐野プレミアムイタリアンのヒレブロックは全部込みです。ちゃんと知識があれば、全部位が楽しめて、それぞれに部位に合った食べ方で調理することができるのです。

 

こんな風にいただきました!

我が家では、7回に分けていただきました。
最後の1回分は冷凍してあり後日いただく予定なので、6回分の食べ方をご紹介します。

 

厚さ6cmのブラック&ブルーステーキ

解体当日は手巻き寿司の日だったのですが、急遽お肉もいただくことに。
せっかくなのでレアでいただきたくて、6cmの厚さのステーキをブラック&ブルーにしました。

そこまでブラックではないですが、ブラック&ブルー。黒胡椒を多めに挽いて、シンプルに塩胡椒で味付けしていただきました。

 

部位は、テートに近いところのシャトーブリアン。

こちらを大胆に6cmにカットしました。

 

横から見ると厚さがわかりやすいでしょうか。

福岡の焼肉屋さんでこの厚さのシャトーブリアンをいただいたことがあるのですが、それをイメージしています。

 

ガーリックステーキ

シャトーブリアンの残りは、もちろんシンプルにステーキにしました。

ヘットとオリーブオイルを混ぜたガーリックオイルで焼き上げて、味付けは塩胡椒とお醤油で。丁寧に作ったガーリックチップを乗せていただきます。

 

厚さは常識的な3cmにしてみました。

6cmの隣りにあるので、わかりやすいです。

 

断面はこんな感じ。

サシが美しくて、これぞシャトーブリアンと言う感じ。
「607gでよろしいでしょうか?」と、いきなりステーキごっこも楽しめました。

 

お肉もですが、付け合わせもヘットで調理しています。

フライドポテトやアヤメ小蕪、オリーブオイルオンリーとはまた違った味わいに仕上がりました。

 

スパイスビーフカレー

サイドマッスルは、半量を焼肉にする予定でしたが、急遽全部カレーに。

スパイスを使った本格派のビーフカレー。もちろんグルテンフリーです。柔らかいヒレ肉はほとんど煮込まずにいただけるので、スパイスの香りが飛ばないのも良いところ。

 

ルウを使わないので、スパイスの効果を存分に楽しめます。

スパイスの殺菌作用や抗炎症作用は秀逸なので、定期的にいただいています。(単に食べたいからというのが大きい!)

 

グルテンフリー♪牛カツ

フィレミニヨンでは、牛カツに挑戦してみました。

こちらは米粉の衣のグルテンフリー牛カツ。
ヘットで揚げるとカリッとなって、香りも良いのです。

 

一緒に載せた献立はこちら。

米粉の牛ヒレレアカツと紫アスパラガスのビスマルク風の晩ごはん

 

その他のステーキ

残りの2回もステーキでいただいたので、まとめてお写真だけ。

こちらは黒胡椒とお醤油のステーキで、ミディアムレアで仕上げています。

 

こちらはガーリックペッパーステーキ。主人はミディアムレアで、私はレアで。

 

どちらも食べ終えてから、鉄板でサーブすれば良かったなぁと思いつつ。ヒレ肉は焼き加減が繊細なので、鉄板で加熱が進むのに躊躇して、結局お皿に乗せていただきました。

残りの1回分は、フレンチのヒレ肉と言えば〜のあのお料理に変身予定です。
またいただいたら、おうちごはんの記事でご紹介したいと思います。

 

気になるお値段は・・・?

さて、気になるお値段も載せておきます。

佐野プレミアムイタリアンということで、リーズナブルだろうという前提はあると思いますが・・・
1kgあたり6,500円と、破格中の破格でご提供いただきました。

お支払いの内訳はこんな感じ。

6,500円(kg単位)×4.34kg(重量)+1,400円(送料)+600円(代引き手数料)=30,210円

送料などの手数料込みでの単価は、キロ単価6,960円。脂身や筋などを多めに(1kg分)取り除いたグリムキの重量で計算しても、キロ単価9,044円です。

佐野プレミアムイタリアンは全農の卸しなので、このようなお値段で購入することができています。また、グリムキではなくそのままの状態なので、手間賃がかかっていないというのも一つの要因かと。

 

例えばAmazonでは、この宗谷黒牛のヒレステーキは450g15,000円〜18,400円で売られています。


宗谷黒牛 ヒレ ステーキ 150g 3枚 A3パネル付き 目録 ( 景品 贈答 プレゼント 二次会 イベント用)


宗谷黒牛 ヒレ ステーキ 150g 6枚 A3パネル付き 目録 ( 景品 贈答 プレゼント 二次会 イベント用)

他のオーガニックショップでも、240g3,800円で、キロ単位10,000円を割ることはなさそう。

 

グリムキでないものとグリムキのものを比較するのはフェアではありませんが、参考までに。

100g単位
佐野プレミアムイタリアン 904円
Amazon某社 3,333円
オーガニックショップ某社 1,583円

これだけ楽しめてこの価格とは、いかに破格かわかっていただけたでしょうか。

ちなみに佐野プレミアムイタリアンでは、スーパーでは手に入らない、こういう未処理の段階のお肉の塊を数多く扱っています。もちろんグリムキのものもありますが、醍醐味は断然この塊肉です。

 

佐野プレミアムイタリアンについては、こちらの記事でご紹介しています。

SPI(佐野プレミアムイタリアン)の新人箱を頼んでみました♪

 

ここでご紹介している新人箱は初回のみなので、以後は自分で欲しいものを個別に注文していくことになります。ご興味あればご覧になってみてくださいね。

 

こんな人におすすめ

最後に、今回のヒレ肉がどんな方におすすめかまとめてみました。
私の思うこんな人におすすめです。

  • ヒレが好き!
  • ヒレの部位にこだわりたい・食べ比べたい
  • 手間は厭わない
  • 細かい作業がわりと好き
  • キレの良い包丁がお家にある
  • 結構パワフル・重たいお肉も何のその!
  • リーズナブルに美味しいお肉が食べたい
  • お料理好き
  • スーパーで買うヒレステーキの厚さに満足できない
  • 大食い・お肉好き・肉食
  • 家族が多い

お掃除の作業がひたすら大変に思われる方にはおすすめできないのと、4kg超えはかなりのボリュームなので、パワーは必要。また、生で届くので冷凍はできるものの、やはり美味しいうちに食べ切れる方が良いかと思いますし、お料理好きな方だとより楽しいかと思います。

それでも、美味しいお肉なので、焼くだけで十分美味しいのは確かなところ。凝った調理が要らず、お塩と胡椒だけのシンプルな調理で美味しくいただけるので、気負わずチャレンジしてみてはいかがでしょうか。

 

それでは、また。

 

 

 

 

 - お肉・お魚 , , , ,

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。