米粉もんじゃ焼きとアスパラガス肉巻きや粕汁で、お家居酒屋さん風晩ごはん

      2021/03/13

おはようございます。分子栄養カウンセラーのmanaです。
水曜日の晩ごはんを載せてみたいと思います。

私の所属する学会で、今週から2週間、4Fをやる企画に参加しています。いつものグルテンフリー&カゼインフリーに加え、アルコールフリーとカフェインフリーも行います。私は個人的に、シュガーフリーも試みています。

 

 

↑よろしければ、応援クリックお願いいたします♪

 

◆米粉もんじゃ焼き
◆アスパラガスの肉巻き
◆鶏と大根の具沢山粕汁
◆マグロのユッケ
◆鶏皮のパリパリ焼き

主人の晩酌のために、居酒屋さん風の和の献立にしてみました。私は5F期間中でアルコールフリーもチャレンジしていますが、元々お酒を飲む習慣がないので、隣りで飲まれても全く気にならないので楽です。

 

◆アスパラガスの肉巻き

アスパラガスを豚肉と牛肉の2種類のお肉で巻き、エアーオーブンで焼きました。味付けはお塩のみで、レモンを多めに絞っていただくのが美味しかったです。

 

◆マグロのユッケ

久しぶりのマグロのユッケは、牛肉が生食できなくなったことから考えたレシピです。

[レシピ]マグロのお刺身で♪お手軽ヘルシーユッケ

マストミのマグロで、フラックスシードオイルを加えるのがポイント。卵は喜美の鶏子の平飼い卵で、ここでは卵黄だけ使うので、余った卵白はもんじゃで消費しました。

 

◆鶏と大根の具沢山粕汁

ホッとする汁物があったらいいかなぁと、大根・聖護院大根・人参・干し椎茸・油揚げ・鶏むね肉・玉葱で粕汁にしました。もんじゃがメインなので、汁物は要らなかったですが、お野菜がたくさん食べられて満足です。

 

◆鶏皮のパリパリ焼き

鶏皮をフライパンでじっくり焼いてパリパリにしていただくもので、主人も私も一番大好きな鶏皮の食べ方。白い粉はぬちまーすで、これが最高なのです。気分で黒胡椒を挽いたり、ピパーツを振ったりしますが、この日はシンプルにお塩だけでいただきました。

 

◆米粉もんじゃ焼き

グルテンフリー中は食べられない粉モノも、お家で米粉で作れば大丈夫。ユッケで余った卵の白身も入れて、タンパク質リッチにしてみました。この日の具材は、キャベツ・玉葱・イカ・豚バラで作りました。いつもはたっぷり入れる桜海老を入れ忘れてしまって、何だか味が締まらないなぁと思っていただきました。

 

出来上がりのお写真がありませんが、クラタペッパーの黒胡椒と青のりを振っていただきます。もっと少量ずつ作るとキレイなおこげができるのですが、いっぺんに作っています。

 

おまけの前の日のお夜食です。

◆ローストビーフ
◆オニオンとブロッコリースプラウトのアボカドサラダ
◆さつまいものMCTポタージュ
◆挽肉と玉ねぎのオムレツ

主人の晩酌でサラミなどを食べてしまったので、晩ごはんはこんな感じで、遅い時間に少しだけいただきました。オレンジのはグルタミンです。

 

それでは、また。

 

 

 

 - 晩ごはん・お夜食 , , , , , , ,

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。