本場のスパイスで作る滷肉に、ゴーヤの黒胡椒フリッターと、ツバスときゅうりの酢の物で、糖質オフな薬膳晩ごはん

   

こんにちは。manaです。
昨日の晩ごはんをアップしたいと思います。

 

◆本場のスパイスで作る!本格派滷肉(ルーロー)
ゴーヤの黒胡椒フリッター
◆ツバスときゅうりの生姜酢の物
◆ぬか漬け

台湾料理の「滷肉」(豚の角煮みたいなもの)がメインでした。定番の滷肉飯にはせず、主食なしで糖質オフにしています。
せっかくメインが薬膳なので、五味を意識してその他の副菜は決めてみました。

今回の献立を薬膳で分析すると、こんな感じ。

「甘」・・・滷肉(ルーロー)
「苦」・・・ゴーヤの黒胡椒フリッター
「酸」・・・ツバスときゅうりの生姜酢の物
「鹹」・・・ぬか漬け

「辛」がないのですが、滷肉にもゴーヤにも酢の物にも「辛」の要素が入っているので、バランスの良い献立になったかなぁなんて思います。

 

◆本場のスパイスで作る!本格派滷肉(ルーロー)

台湾で買って帰った漢方の薬膳パックで作ってみました。このために主人が購入した電気圧力鍋で煮ています。

今回は、九州食肉学問所のアンデス高原豚を1kg使い、お肉たくさんで作っています。さすがに1日では食べずに、翌日のランチでもいただきました。

電気圧力鍋では、炒めるという作業ができないので、一旦普通のお鍋で茹でこぼしてから圧力鍋に移してみました。これをしなくてもできるかなぁと思ったのですが、何となく。

薬膳パックの裏の作り方にほぼ従ったのですが、日本の豚の角煮と違って、ほとんどお砂糖を使わないのですね!お味も実際、甘さがほとんどなく、台湾料理独特のあの香りがあり、何だか本場でいただくお味に仕上がりました。

お醤油が、日本のお醤油を使ったのでちょっとしょっぱくなってしまったのですが、次に作るときには調整してみたいと思います。

 

ゴーヤの黒胡椒フリッター

主人の大好きなゴーヤのフリッターで、衣にはチーズを使った糖質オフバージョンです。黒胡椒がたっぷり入るので、スパイシーさが後を引くお味です。

こちらでレシピをご紹介しています。

[レシピ]サクフワ♪ゴーヤのチーズフリッター

これからゴーヤの時期なので、また作ろうと思います。

 

◆ツバスときゅうりの生姜酢の物

こってりの角煮に合わせて、さっぱりの酢の物。今回は、生姜の摩りおろしをたくさん入れてみました。

お魚は、〆サバのような見た目ですが、ツバスです。そのままお刺身にするとちょっと味気なかったので、昆布締めにするか、こうして和え物にすると美味しくいただけます。

 

食後は、自家製のジェラートをいただきました。

◆パッションフルーツとマンゴーのジェラート

今季最後のパッションフルーツのジェラートでしょうか。
マンゴーの甘みと香り、パッションフルーツの爽やかさと食感のバランスが気に入っていて、今季一番ヒットしたスイーツです。

レシピはこちらでご紹介しています。

[レシピ]パッションフルーツとマンゴーの爽やかトロピカルジェラート

お家で作るジェラートは、出来立てフワフワが食べられるのも嬉しいのですが、甘さ控えめにできたり、素材にこだわったりできるのもいいところですね。

 

それでは、また。

 

 

 

 

 - おうちごはん>晩ごはん・お夜食 , , , , , , , , , , , , , , , , , ,

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。