【丸の内 四川豆花飯荘 東京店】激辛!麻婆豆腐が選べるランチコースと、茶藝師さんの楽しいパフォーマンスで♪楽しい中華ランチ

   

おはようございます。manaです。
先週末の日曜日のランチをご紹介してみたいと思います。

 

行って来たのは、新丸ビルにある四川料理のお店、【四川豆花飯荘 東京店】。
丸の内界隈で働いているサラリーマンなら、行かれたことがあるお店でしょうか。

 

予約もしていなかったので、ダメ元で入ってみると、あっさりご案内いただけました。少し遅めのランチタイムに伺ったのも良かったのかもしれません。

 

テーブルに着くと、お茶の準備がされていました。

こちらが名物の八宝茶。

 

ジャスミン茶をベースに、紅なつめ・クコの実・菊花・氷砂糖・百合根・龍眼・胡桃が入っています。

 

コレステロールを下げ、血行を良くし、免疫力を高めるそうです。

 

お店のウリの茶藝師のパフォーマンス♪

チャイナ服に身を包んだ茶藝師さんは、身のこなしもパフォーマーのようで、初めて見た私はかなり楽しかったです。

 

結構高いところから注ぎます。(まぁまぁ跳ねますが、テーブルクロスの範囲内には収まります。)

 

主人はビールを注文。

私は八宝茶で、乾杯~!

 

お料理は、単品と迷いましたが、コースにすることにしました。
「四川コース」という、前菜4品・スープ・主菜2品に、ご飯物とデザートが入っているコースにしてみました。

 

まずは前菜から。

◇四種の前菜の盛り合わせ

棒棒鶏にくらげに、大根の甘酢漬けにマグロとアサリのピリ辛和え。どれも美味しくて、棒棒鶏とマグロはかなり辛さがしっかりありました。棒棒鶏の胡麻が黒胡麻を使っていたので、香りが豊かで美味しかったです。

 

続いてスープです。

◇フカヒレと三種の春野菜のスープ

かなりとろみがしっかりとあり、あんかけのあんみたいです。フカヒレもたっぷり入っていましたが、スープのベースはフカヒレよりはお野菜のコクが強い感じでした。

 

主菜の1品目。

◇コウイカの四川豆板醤炒め

辛いのかなぁと思ったら、美味しくいただける辛さで一安心。柔らかいコウイカに、パプリカ・南瓜・蓮根・スナップエンドウなど、いろいろなお野菜が入っていて、食べていて楽しい一品でした。

豆板醤の香りが爽やかで、辛めなのですが、不思議と美味しくいただけるお味。魚介の扱いなどは、やはりお店ならではで、お家でもこのクオリティが出来たらいいなぁと思いました。

 

主菜の2品目。

◇豚肉のトーチー炒め 春キャベツ添え

豚肉とキャベツの豆鼓炒めで、イメージとしては回鍋肉です。春キャベツの柔らかい食感を生かして、豚肉は片栗粉で柔らかく仕上げたものが入っていました。

長ねぎに椎茸に、お野菜も美味しくて、こういう具材大きめで、あっさり味な回鍋肉もいいなぁと思います。

 

主人は途中で、お酒も追加しました。

◇紹興酒

ストレートでいただくのが好きで、いつもこのスタイルです。飲みやすそうな香りで、なかなか美味しかったそうです。

 

そして、お待ちかねのご飯物です。

名物の麻婆豆腐かチャーハンかを選ぶことができるのですが、麻婆豆腐は辛さレベルが最高なので、辛いのが苦手な方はチャーハンを選ぶのがおすすめ。

 

こちらが主人の選んだ麻婆豆腐。

◇四川豆花飯荘 麻婆豆腐とライス

山椒や花椒の香りがとても豊かで、匂いを嗅いでいると、私も麻婆豆腐にすれば良かったかなぁと思ってしまうほど!

それでも、一口味見をさせてもらったら、舌がしびれるほどの辛さにびっくり。お水をたくさん飲まないと我慢できないぐらいだったので、辛いのが苦手な方には食べられないのではないかと思います。

 

辛さを除けば、スパイスの香りと爽やかさがクセになるお味で、お家で作る麻婆豆腐の方向性と似ていて、とにかくスパイスがしっかりと効いています。

お家で作るときにも、こんな感じで思い切って香辛料を入れてみてもいいかもしれません。台湾旅行では、中華の調味料もいろいろ買って来られたらいいなぁと思っています。

 

こちらが私の選んだチャーハン。

◇しらす入り炒飯

全く辛さはなく、安心して味わえました(笑)
シンプルながら、しらすとセロリのお味が美味しくて、見事な出来栄え。パラパラでキレイに仕上がっていて、これぞお店のチャーハンという感じがしました。

具材をかなり細かく刻むのが良いのでしょうか。我が家のチャーハンは、炒め物の一歩手前ぐらいに大きいときがあるので、お店のみたいに細かく切ってみようと思います。

 

 

最後のデザートです。

◇デザート盛り合わせ

杏仁豆腐と豆乳プリンで、フォーチューンクッキーもいただきました♪
杏仁豆腐には黒豆が乗っていて、あっさりとろんとした食感。こちらの方が気に入るかと思いきや、豆乳プリンが気に入りました。豆乳プリンは、黄な粉と胡麻の風味が豊かで、もっちりした食感。

いずれも甘さが控えめで、私にはとても食べやすかったように感じました。

 

フォーチューンクッキーは、バスケットにたくさん入ってテーブルに来てくださり、自分でその中から1個選びます。

ココナッツクッキーの中に入っていたおみくじは、こんなでした。

主人が上、私が下の紙が出て来ました。

『あなたは選ばれた幸運な人です。』
『あなたは行動も決断も早いと評判です。』

どうでしょうか?結構当たっているのではないでしょうか?

 

コース料理は、以上でした。

参考までに、メニューを載せておきます。

コースのお料理はどれも少なめなので、デザートまで美味しくいただくことができる分量でした。1つのお料理をたくさん食べたい場合には、単品でオーダーするのが良いかもしれませんが、こうしていろいろなお料理をちょっとずつ味わえるのがいいですね。

 

お店のお外には、等身大のこんなパネルがありました。

ここまで曲芸みたいな感じではありませんでしたが、本場の雰囲気を味わうことができて、楽しかったです。

お替わりのお湯も、ほぼ茶藝師さんが注いでくださり、それも嬉しいポイント。こまめに注いでくださるので、今回だけでも何度もパフォーマンスを見ることができました。

 

この後は、BEAMSでお洋服を買ったりして、VIRONへ♪

パンを買ってから、とらやカフェでお茶をするつもりだったのですが、急遽予定を変更することにしたことは、こちらの記事でご紹介しています。

VIRONのパンとケーキでお家でカフェと、モーニングみたいな晩ごはん

買ったケーキやパンなどを載せていますので、よろしければご覧になってみてくださいね。

 

それでは、また。

 

 

 

 

 - グルメ>中華 , , , , , , , , ,

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。