VIRONのパンとケーキで♪お家でカフェと、モーニングみたいな晩ごはん

      2019/03/28

おはようございます。manaです。
先週末の日曜日は、主人の歯医者さんに行ってから、新丸ビルでランチをしました。

その後は、お洋服を見たりと丸の内散策をしてから、VIRONへ。
パンを買ってから、気になっていたカフェに行こうと話していたのですが、VIRONで美味しそうなケーキを見てしまい、買って帰ってお家でお茶をすることにしたのでした。

 

お家カフェ♪

モンブランが主人用で、シュークリームとタルト・オ・ポムが私用。
タルボ農園のダージリンセカンドフラッシュと一緒にいただきました。

 

◇モンブラン
◇シュークリーム
◇タルト・オ・ポム

お写真だとわかりにくいのですが、モンブランとシュークリームはなかなかのボリュームです。

 

特にモンブランは、何グラムあるのかしら?と思うほどのずっしり感で、食べ応え抜群!

中は、ラム酒がたっぷり染み込んだサクサクメレンゲに、生クリームがたっぷり詰まっていて、外のマロンペーストは渋皮入り。

 

シュークリームは、見た目はそこまでボリュームを感じないのですが、食べてびっくり!中にはこれでもかというほど、カスタードクリームが詰まっていました。(シューを横にカットしてクリームを詰めるスタイルではなく、底から絞り袋を刺して注入する方式。)

バニラビーンズたっぷりで、あっさりめのカスタードクリーム。外側の香ばしいアーモンドとの相性が良く、こちらもなかなか食べ応えがありました。

 

タルト・オ・ポムは、主人と一緒に分けっこしていただきました。
思ったよりもアーモンド生地がしっかりあるタイプで、パンの方のアップルパイ(ショソン・オ・ポム)の方がむしろリンゴ感が主張しているかもしれないと思いました。

ここのケーキは、パン屋さんだけあって生地が美味しいので、タルト生地も美味♪
このリンゴのタルトは、ケーキと言うよりは、甘いパンの延長としていただくといいかもしれません。

 

 

お夕飯は、少しだけ買って帰ったパンをいただきました。

今回は、パンは2種類だけで、バゲットレトロドールとフーガスオリーブ。
バゲットはちょうど焼き上がるタイミングだったので、10分ほど待ってからアツアツを購入しました。フーガスは、大好きなトマトが売り切れだったので、オリーブにしたのでした。

 

朝ごはんみたいですが、こんな感じの晩ごはんにしました。

◆目玉焼き
◆カリカリベーコン
◆焼きトマト
◆玉ねぎとベーコンのコンソメスープ
◆ベイユヴェールバターのガーリックトースト
◆フーガスオリーブ

パンに合わせて、卵料理とスープです。

 

◆目玉焼き

生協の平飼い有精卵を目玉焼きにしました。主人の好みの焼き加減で、外側はしっかり加熱え、中はほんの少し半熟のところが残るぐらいに仕上げています。

◆カリカリベーコン

こちらも生協の無添加ベーコンで、カリッとなるまで焼いて、しっかり脂を切ってサーブしました。

◆焼きトマト

トースターでガーリックトーストを焼いていたので、グリルドトマトが作れず。フライパンで焼きトマトにしてみました。こちらは徳島の農家さんから届いた無農薬のトマトです。

 

◆玉ねぎとベーコンのコンソメスープ

具材を炒めずに作る、我が家の定番のコンソメスープです。主人がこれが大好きなのでよく作るのですが、オイルを使わないのであっさりしています。

簡単すぎて、レシピというほどのお料理ではないのですが、今度レシピをアップしてみようかと思います。

 

◆ベイユヴェールバターのガーリックトースト

VIRONのバゲットとベイユヴェールの粒塩有塩バターで作るガーリックトーストで、一番好きなバゲットの食べ方です。仕上げには、パセリがなかったので自然栽培の人参葉を散らしました。

◆フーガスオリーブ

トースターで温め直して、食べやすくカットしてサーブしています。グリーンオリーブがゴロゴロ入っており、生地の小麦の風味といい相性です。

 

 

飲み物は、アルコールが欲しそうだった主人を牽制して、ジュースに(笑)

プレマで買った、こだわりの葡萄ジュースをいただきました。

自然栽培の葡萄を使って絞った、100%ストレートジュースです。ワインで使われるキャンベルを使っているので、さながらワインのような味わい。風味も濃厚で酸味もしっかり乗っています。

 

お外で食べたごはんは、また別途ご紹介することにします。

それでは、また。

 

 

 

 - おうちごはん>晩ごはん・お夜食, グルメ>スイーツ・パン・カフェ・お茶 , , , , , , , , , ,

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。