グルテンフリー&カゼインフリー11日目:牧草牛のボロネーゼフェットチーネとごぼうのトリュフポタージュに、チアシードコールスローのお野菜たっぷり晩ごはんと、塩鮭とお粥の朝ごはん

      2020/04/23

おはようございます。分子栄養カウンセラーのmanaです。
グルテンフリー&カゼインフリー11日目の晩ごはんと朝ごはんです。

グルテンフリー始めました!主人のカレーとサラダの夜ごはんとお昼ごはんに、グルテンフリーのメリット

グルテンフリーのメリットについてはこちらをどうぞ。

 

まずは、晩ごはんから。

◆牧草牛のボロネーゼ グルテンフリーフェットチーネ
◆ごぼうと玉ねぎのトリュフ豆乳ポタージュ
◆チアシードコールスロー
◆アボカドとトマトのレモンヘンプサラダ
◆ネバリスター(長芋)の和風ステーキ

何でもない日の晩ごはんですが、パスタがあると、何となく特別感があります。糖質がメインの日には、お野菜多め、脂質を抑えめにするようにしています。

 

◆牧草牛のボロネーゼ グルテンフリーフェットチーネ

お野菜やキノコがたっぷりのボロネーゼソース。お肉は牧草牛のミンチを使って、オメガ3摂取です。麺はグルテンフリーのフェットチーネを使っています。

 

◆ごぼうと玉ねぎのトリュフ豆乳ポタージュ

ごぼうと玉ねぎを炒めて作ったポタージュ。牛乳の代わりに豆乳で、サラッと仕上げています。トリュフソルトとトリュフオイルで香り付けをして、ちょっとリッチな味わいにしてみました。

 

◆チアシードコールスロー

ザクザクキャベツのコールスローに、チアシードを入れてみました。チアシードはオメガ3が豊富なので、ちょこちょこいろいろなものに入れて摂るようにしています。

 

◆アボカドとトマトのレモンヘンプサラダ

アボカドとトマトをスライスして並べて、たっぷりレモンを絞りました。ヘンプシードを散らして、フラックスシードオイルとぬちまーすで味付けしています。

主人にはちょっとレモンがきつすぎたみたい。今度は控えめにしようと思います。

 

◆ネバリスター(長芋)の和風ステーキ

ネバリスターという長芋をカリッと焼いて、薬味と出汁つゆでいただきました。洋風な献立の中に、一品こういう和の副菜があるとホッとします。

主人から好評で、また長芋を買ったら作ろうと思います。

 

おまけの、載せるほどでもない朝ごはん。

◆塩鮭
◆目玉焼き
◆お粥
◆あおさのお味噌汁
◆ちりめん山椒

お魚焼いて、お味噌汁作って、卵を焼いただけの朝ごはん。
目玉焼きは、主人はしっかり焼き、私は半熟にしています。主人のだけは1個ミッキーの型で焼いたのですが、全然気付きませんでした(笑)

お粥には薬味をいろいろ用意して、別添えのお出汁をかけていただきました。私はお塩でいただくのがお気に入り。

 

それでは、また。

 

 

 

 - おうちごはん>晩ごはん・お夜食, おうちごはん>朝ごはん・お昼ごはん , , , , , , , , , , , , , , ,

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。