【丸の内 The Innocent Carvery(ジ・イノセント カーベリー) 新丸ビル店】深夜に焼肉が食べたくなったら~?丸の内のおしゃれな焼肉屋さんで、A5ランクの和牛を堪能♪

      2020/02/13

おはようございます。manaです。
先週末にお出かけ帰りに寄ったレストランをご紹介します。

 

今回行って来たのは、【The Innocent Carvery 新丸ビル店】。
新丸ビルの5階にある焼肉屋さんで、乃木坂に本店があります。

 

こちらのお店は、なんと深夜の2時まで営業しており、夜中に焼肉が食べたくなったときにも重宝します。

ラストオーダーは1時までなので、それまでに入る必要がありますが、それでも、日付が変わっても焼肉が楽しめることがありがたいですよね!

新丸ビルなので東京駅や大手町駅に直結しており、雨の日も濡れずに行けるのもいいところ。我が家からは歩いて行けるのも便利だったりします。

 

予約なしの来訪でしたが、遅い時間だったこともあり、スムースにご案内いただくことができました。

窓側のソファ席が空いていたので、そちらへ。

 

東京駅が目の前に見えるロケーションです。

 

元丸の内ワーカーとしては見慣れた景色ではあり、かつ低層階なので珍しさは感じないのですが、プライベートで見る東京駅の駅舎はやっぱりウキウキ感があります。

 

店内はシックで大人な雰囲気でデートにもおすすめ。
お席とお席の間がゆったりしているので、落ち着いてお食事や会話も楽しめると思います。

 

主人はノンアルコールビールで、私は温かいお茶で乾杯。

ワインなど、アルコールの種類が豊富なので、アルコールを楽しみたい方には良さそうです。残念ながら、ノンアルコールはそんなにバリエーションがない感じでした。

 

お料理は、深夜なので軽めにいただきました。

オードブルの牛たたきは、舌触りが良く、ピンクペッパーの香りがいいアクセントになっていました。

 

お腹が空いていて、映えさせる余裕がなかったのですが、背景はこんな感じ。

東京駅を眺めながら、いただきます~♪

 

タレは2種類で、普通の焼肉のタレとにんにく醤油。そして、フランスのお塩に刻みわさびと、レモンが添えられています。

主人はこの刻みわさびが気に入り、私はお塩とレモンの組み合わせが気に入りました。

 

そして、お待ちかねのお肉です。

◇お薦め赤身
◇お薦め霜降り

どちらも松阪牛で、赤身がランプ、霜降りが三角バラでした。
松阪牛なのでどちらもA5ランクで、赤身でも細かいサシが入っていて、美しい。霜降りはかなり濃厚ですが、とろけるような味わいにうっとりなります。

肉質もですが、カットも上手で、叙々苑に匹敵するレベルでしょうか。

 

いつもなら、最低こちらを2セットいただくところですが、夜中なのでゆっくり少量を味わいました。

 

火はガス火で、炭火ではありません。
こういうキレイ系のお店はガス火が多い印象。叙々苑や游玄亭もガス火ですしね。

 

お肉はこちらも頼みました。

◇ハツ
◇レバー

内臓肉は、こういうキレイなお店でないとちょっと厳しい私たち。清潔なところだと安心していただけます。

主人は、もうちょっと高いレベルを想像していたようでしたが、普段レバーはそれほど食べない私も美味しくいただけたので、及第点と言ったところ。

 




〆ではなく、お肉と一緒にこちらも頼みました。

◇クッパ

牛肉のお出汁が効いたユッケジャンスープで、ホロリと煮込まれたお肉が入っています。見た目ほど辛くなく、とても食べやすかったです。

 

もう1品、お写真撮る前に取り分けてしまって、こちらがその取り分けたもの。

◇梅おろし冷麺

辛さのない冷麺で、梅と大根おろしのさっぱり和風なお味です。この梅干しと大根おろしと組み合わせは、お肉の消化を助けてくれるので、最適ですよね。

すっかり気に入った私は、お家でもマネっこしてみようと思ったのでした。

 

その日のお肉の産地は、お店の入口に掲載されています。

この日は図らずも西の産地ばかりで、嬉しくなる私。

A5ランクのお肉ばかりで、赤身でもサシがしっかりと乗っているので、赤身を中心に頼むのがおすすめです。

 

入口には、ドーンとお肉のショーケースが!

どれも見事で美しいお肉たちが並んでいて、テンションが上がります。

 

今度は普通の時間帯に行って、但馬牛のユッケや分厚いヒレ、厚切りタンなんかも食べてみたいなぁと思いました。

 

こんな感じで、おしゃれでムーディで、使い勝手の良い焼肉屋さんでした。

The Innocent Carvery 新丸ビル店

丸の内デートにはもちろんのこと、女子会や同僚とのディナーにも、ぜひ利用されてみてはいかがでしょうか。

 



 

それでは、また。

 

 

 

 - グルメ>エスニック, グルメ>和風 , , , , , , , , , , ,

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。