≪お知らせ≫ 九州産直クラブの「産直アンバサダー」第1期に就任しました♪

      2019/02/05

おはようございます。manaです。
今日は1つ、お知らせがあります。

 

産直アンバサダーに就任!

この度、私が加入している生協「九州産直クラブ」の「産直アンバサダー」に就任いたしました♪

これは今回が初めての試みで、なんと!第1期生です。
(ネクストフーディストといい、産直アンバサダーといい、1期生にご縁があるのでしょうか。)

任期は約3ヶ月間で、産直おまかせ野菜セットを中心に、産直クラブのアイテムをご紹介していく予定です。

 

九州産直クラブとの出会い

九州産直クラブは、まだ東京にお店がない頃から気になっていた生協でした。
東京にもできないかしら~と、ずっとずっと強く念じていたら夢が叶い!ついに東京にもセンターが!

でも、東京に進出されたばかりの頃は規模も小さく、我が家は配達エリア外(泣)
待って待って、やっと我が家もエリアに入り、加入することができたのでした。

 

お引っ越しの度にも住所変更をして、その度に、新しいお家にも来ていただいていました。
結婚して丸の内エリアに越したときには、これまた配達エリア外だったところを、ご無理を申し上げて、引き続き届けていただける運びとなった経緯がありました。

都内には生協って結構たくさんあり、今どきは宅配スーパーもたくさんあるので、“他の生協を利用する”という選択肢もあったと思うのですが、「ここでなくては!」なものがたくさんあり、我が家の食卓に欠かせない存在になっています。

ネットで注文ができたり、品揃えも豊富だったり、もっと価格の安い生協は数あれど、ここまでこだわりが詰まった生協ってなかなかないように感じていて、他に切り替えるということが考えられないぐらい大好きな生協なのです♪

 

九州産直クラブのいいところ

場所柄、近くにスーパーがあまりないこともあり、ましてや、こういうこだわりの食材を買えるところもあまりないので、こうやって毎週届けていただけるのがとてもありがたく思っています。

これに関しては、どこの生協や宅配を利用しても言えることですが、「今日はお買い物に行けないなぁ」と思うような雨の日や風の日にも、欠かさず配達にいらしていただけるのは、本当に助かります。それがましてや、大好きな九州の食材で、なおかつ安心していただけるものであるのだから、言うまでもありません。

 

この生協が、他の生協と違っていいところを挙げてみます。

  • “安心安全”な食品のみを扱っていること(→途中で原料が切り替わったりした場合には、取り扱いの中止がなされることもしばしばあります。)
  • “安心安全”の基準が他の生協よりも厳しいこと(→昔ながらの製法で作られたものであったり、農薬や添加物を使わないように努められているものが選ばれています。)
  • それでいて、持続可能なフレキシビリティを持っていること(→生産者と消費者がWin-Winになれる関係を理想としていて、消費者が一方的に利益を得るような仕組みではありません。)
  • なかなか手に入らない「こだわり食材」を扱っていること(→飼料や飼育方法にまでこだわっている卵やお肉って、なかなか買えないのが現状ですよね。)
  • 自社農場があって、そこにいる家畜の餌も自給であること(→今や日本の畜産業は、輸入飼料でまかなわれていることがほとんどな中で、安心と安全が確保されています。)
  • 九州産の食材や、九州の味付けの加工品が手に入ること(→これは単純に嬉しいところです。)

と、こんな感じでしょうか。

 

最後に

お気に入りの食材がいっぱいで、我が家の食卓は、九州産直クラブなくしては成り立たないと言えるほど、たくさん利用させていただいています。

すでにこのブログでも、毎週届いた食材はご紹介していたので、アンバサダーになったからと言って、特段変わることはないかもしれませんが、今まであまりご紹介してこなかったお野菜セットを中心に、素敵なアイテムをたくさん知っていただけたらと思っています。

 

#九州産直クラブ

過去の注文の食材のご紹介はこちらのタグからどうぞ。

 

【九州産直クラブ】フルーツが嬉しい今週の食材と、食べ物選びで思うこと

以前に、食材選びの考え方についてもこちらに書いています。

 

これから3ヶ月間、美味しいお野菜を使ったお料理を載せさせていただこうと思っています。
皆さま、どうぞよろしくお願いいたします♪

 

九州産直クラブのHPはこちらです。

九州産直クラブ

(※画像はHPよりお借りしています。)

よろしければ、ご覧になってみてくださいね。

 

 

 

 

 - メッセージ・お知らせ , , , , , , , , , , ,

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。