[レシピ]旨味たっぷり♪真鱈と玉ねぎのチャウダーグラタン

      2019/10/02

 

旨味たっぷり♪真鱈と玉ねぎのチャウダーグラタンのレシピ

 

 

[材料](2人分)

真鱈(切り身) 2切
玉ねぎ 大きめ1個
じゃがいも 小さめ2個
エリンギ 1パック
「だしとスパイスの魔法」シリーズ<クリームチャウダーの素> 1箱
300ml
バター 15g
牛乳 150ml
白胡椒 少々
シュレッドチーズ 250g

 

[下準備]

  • 真鱈は4等分にし、塩胡椒(分量外)を振って、キッチンペーパーに包んでおく。
  • 玉ねぎは7~8mm幅の薄切りに、エリンギは石突きを取り、食べやすい大きさに切る。
  • じゃがいもは皮を剥き、厚さ1cm程度にスライスする。
  • 水に<クリームチャウダーの素>のスパイスを加え、よく混ぜて溶かしておく。

 

[作り方]

  1. 熱したフライパンにバターを乗せ、皮目を下にして真鱈を入れて中火で焼く。

    色付いたら裏返して両面を焼き、一旦取り出す。
  2. 同じフライパンに玉ねぎ・エリンギ・じゃがいもを入れ、弱めの中火で炒める。玉ねぎに火が通って透き通り、じゃがいもにも8割ぐらい火が通ったら火を止める。
  3. <クリームチャウダーの素>の調味液と、水で溶いておいたスパイスを加えてざっくり混ぜ合わせ、再び火にかける。煮立ったら真鱈を戻し入れて弱火にし、約10分煮る。
  4. 牛乳と白胡椒を加えてひと煮立ちさせ、とろみが付いたら火を止めて、グラタン皿に入れる。
  5. シュレッドチーズを乗せて、250℃に熱したオーブンに入れ、約10~15分焼く。こんがり色付いたら、完成。

 

[メモ]

  • とろみのあるチャウダーなので、あまりスープっぽさはありませんが、グラタンよりは少し汁気が多めなので、チャウダーグラタンとしてみました♪
  • キノコにじゃがいもに、秋に食べたくなるお味です。1人分ずつココットに入れて焼いてもいいですね~!
  • 玉ねぎは、甘味を引き出すようにじっくり炒めると美味しいですよ。今回は、旅行先の淡路島で箱で買った「淡路島玉ねぎ」を使ってみました。
  • キノコはエリンギを使いましたが、しめじでも椎茸でもミックスでも、お好きなものでアレンジしてくださいね。
  • 「フーディストアワード2019レシピ&フォトコンテスト」に参加させていただいております。今回は、「にんべん×レシピブログ」のモニターコラボ広告企画で、にんべん様からプレゼントいただきました、「だしとスパイスの魔法」シリーズより<クリームチャウダー>を使いました。『手軽にパパッとハレの日』をテーマにレシピを考えさせていただいております。
  • あさりエキスが入っているので、あさりは入れていないのに、クラムチャウダーのようなお味に仕上がります。真鱈の風味との相性も良かったです。
  • 化学調味料が無添加で、こういったおそうざいの素には珍しく、そういう配慮も嬉しいポイントですね。

 

[参考リンク]

[レシピ]チキンのレモンソテー あっさりクリームレモンのエスプーマがけ

同じくにんべん様よりいただきました、「だしとスパイスの魔法」シリーズのレモンソテーを使って作ったレシピです♪

 

真鱈と淡路島玉ねぎのチャウダーグラタンに、牛肉と白滝のユッケジャンスープの晩ごはんと、秋鮭のムニエルのお昼ごはん

一緒に食べた献立を載せています♪

 

【レシピブログ/フーディーテーブルのフーディストアワード2019レシピ&フォトコンテスト」参加中】

フーディストアワード2019
フーディストアワード2019

 

 

 

 - モニター, レシピ>ごはん , , , , , , ,

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。