【九州食肉学問所】安心なお肉と内臓肉のお取り寄せ

   

こんにちは。manaです。
先日届いたお肉をアップします。

 

購入したお店は、大分の【九州食肉学問所】。
MEC食や糖質制限をされていらっしゃる方には有名なお店だと思いますが、そうでない方にも安心しておすすめできるお肉屋さんの一つです。

 

◇九州赤身牛 もも焼肉用
◇九州赤身牛 もも切り落とし

こちらではわりと新しめの商品で福岡のすすき牧場のもの。抗生物質無投与で、飼料米を中心にした九州産の飼料を与えていて、可能な限りNon-GMOです。
以前霜降りのサーロインステーキをいただきましたが、個人的には赤身が美味しくておすすめです。

◇鹿児島放牧黒豚 粗挽きミンチ

<鹿児島放牧黒豚>もわりと新しめの商品で、鹿児島の沖田黒豚牧場のもの。放牧後は抗生物質無投与で、放牧にこだわっている牧場です。飼料は自社配合ですが輸入原料で、遺伝子組み換え無選別です。

◇大野ファーム三元交雑豚 ももしゃぶしゃぶ用

以前の豚トンファームから切り替わった大分の養豚農家です。成長促進目的の抗生物質無投与で、飼料は輸入原料主体の遺伝子組み換え無選別です。

 

 

◇牛ミックスホルモン

先日お夕飯のもつ鍋で使ったホルモンです。
とてもキレイに下処理をしてくださっているので、お家では何もする必要がない状態です。

お味噌味のもつ鍋で、簡単晩ごはん

◇桜島鶏 骨抜き手羽先

骨を取ってある手羽先で、食べやすくて重宝しています。骨の部分が空洞になっているので、餃子のタネを多めに作って詰めたり、ニラ饅頭のタネを詰めたりと、中にスタッフィングするお料理にもおすすめです。
<桜島鶏>は、一般の鶏肉に比べると抗生物質の投与が少ないとのことですが、無しではありません。また、小雛の段階での病気予防目的での抗生物質投与もあるそうです。

◇オーシャンビーフ ももブロック

<オーシャンビーフ>は、他のお店でも売っていることが多いので、ご存知の方も多いでしょうか。
NZ産で、成長促進目的の抗生物質やホルモン剤無投与で、飼料はNon-GMOです。NZなので、基本は放牧のグラスフェッドですが、出荷前にグレインフェッドを経ています。
私はこのブロックでタリアータを作ることが多いです。今回もタリアータにする予定。

◇大野ファーム三元交雑豚 肩ロース生姜焼き用

お肉の部位を決めたら、好きなカットにしてくださいます。
今回肩ロースは、生姜焼き用ととんかつ用にしてみました。

◇九州赤身牛 切り落とし
◇九州牧草牛 切り落とし

お肉屋さん自らが九州の畜産農家と協力して育てている牛肉です。成長促進目的の抗生物質無投与で、飼料は全て牧草。もちろんNon-GMOです。

 

◇大野ファーム三元交雑豚 バラスライス
◇大野ファーム三元交雑豚 バラカルビ焼肉用

バラはスライスとカルビ焼肉用、またブロックも注文してみました。
こういう細かい希望も備考欄に書くと、対応してくださいます。

◇大野ファーム三元交雑豚 肩ロースとんかつ用
◇湯布院クックヒルファーム 自然栽培ブルーベリー

湯布院の酪農家のクックヒルファームのブルーベリーで、自然栽培かつ手摘みという貴重なもの。それがこちらでお肉と一緒に購入することができるので、とてもありがたいのです。牛乳やチーズも購入できますが、そちらはお肉とは同梱ができません。

早速ブルーベリーソースにしたり、主人の朝のスムージーにしたりしています。

豚の冷しゃぶと、空心菜のベーコンソテーのMECお弁当

 

◇大野ファーム三元交雑豚 もも切り落とし
◇若鶏せせり
◇無投薬どり ももステーキ用
◇無投薬どり もも唐揚げ用

最近取り扱いが始まった鶏肉で、抗生物質無投与の安心な鶏肉です。解放鶏舎での平飼いとのこと。
鶏肉はいつも秋川牧園で買うことが多く、今回初めての購入でした。いただくのが楽しみです。

 

 

◇大野ファーム三元交雑豚 もも切り落とし
◇大野ファーム三元交雑豚  バラブロック
◇牛アキレス腱

昨日のお夕飯の牛アキレス腱煮込みのチゲ鍋風スープで使ったもの。
もつ同様、キレイに下処理をしてくださっているので、お家では下処理要らず。下茹でから始められてとても助かります。

鯛めしと、牛アキレス腱煮込みのチゲ鍋風スープの晩ごはん

 

こちらの【九州食肉学問所】は、リーズナブルでかつ安心していただけるので、お肉をたくさん食べる方におすすめです。

放牧でグラスフェッドで、その飼料も国産のNon-GMOの自然栽培で・・・みたいな、“究極のこだわり”というのではないのですが、外したくないポイントをきっちり押さえている感じでしょうか。きちんと情報を開示してくださる信頼できるお肉屋さんで、細かな対応もしてくださるので助かります。
店長ご自身も糖質制限をされていることもあり、何だか、糖質制限二ストの痒い所に手が届くような感じもあるのです。

食事って毎日のことなので、こだわりを高くしすぎると窮屈になってしまうし、でも、毎日のことだからこそ、大切にしたいとも思います。特に、たんぱく質を多く摂る我が家は、良質なものでないとデメリットも大きくなるし、ちょっと不安に感じる側面も否めません。
だからこそ、最低限のこだわりは持ちつつ、それ以外はゆるやかに、そして経済的にも持続可能な範囲で続けるのがいいのかなぁと私は思っています。

HPはこちらにリンクを貼っておきます。

九州肉屋.jp 九州食肉学問所

さて、今日のお夕飯は何にしようかしら?それでは、また。

 

 

 - 食材>お肉・お魚 , ,

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。