[レシピ]ウィスキー・サワー

      2018/05/22

 

ウィスキー・サワーのレシピ

 

 

[材料](1人分)

○レモン汁 60cc
○お砂糖 15g
ウィスキー 120cc
適量
レモンスライス・チェリー お好みで

 

[下準備]

  • レモン汁とお砂糖を混ぜてしっかり溶かし、レモンジュースを作っておく。

 

[作り方]

  1. シェイカーに氷を入れて、ウィスキーとレモンジュースを入れてシェイクする。
  2. グラスに注ぎ、お好みでチェリーを添えたら、完成。

 

[メモ]

  • 我が家では主人の一番お気に入りのカクテルで、ほぼ毎日作っています。パリのレストランでいただいたのが最初の出会いでした。そちらの記事は、[参照リンク]のところに貼っておきます。
  • わりと度数の高いカクテルなので、お好みでソーダを入れて割っていただいても美味しいです。
  • お砂糖の量は少なめになっています。通常は、この甘味の付いたレモンジュースにさらにお砂糖を入れて作ります。甘さが足りなければ、お好みで小さじ1程度を足してみてください。
  • 基本は、ウィスキー:レモンジュースが2:1ですが、その日の気分に応じて、レモンジュースを多めにすることもあります。レモンが多めだと、爽やかで飲みやすくなるそうです。
  • ウィスキーをブランデーに替えたら「ブランデー・サワー」に、ジンに替えたら「ジン・サワー」になります。
  • 使うウィスキーのお味がダイレクトに出るので、そこそこ以上のものを使うのがおすすめです。香りもお味もしっかりあるものの方が美味しくできます。
  • レモン汁は、無添加でオーガニックのものを使っています。原材料がレモンのみのものをお使いくださいね。
  • レモンの産地は、国産でもイタリア産でも構いません。それぞれに違った美味しさがあるので、作り比べて風味の違いを楽しんで、ご自分の好みを探してみてもいいかもしれません。
  • 上に添えるのはチェリーが一般的ですが、お店によってもかなり異なるようです。今の時期は、フレッシュなアメリカンチェリーがあるので、そちらを入れるのがおすすめです。もちろん、何も乗せないでも美味しくいただけます。

 

[参考リンク]

*2017.12*パリ旅行 ~年越しヨーロッパ~ 2日目 – ル・ブリストル・パリの【114 faubourg(フォーブル)】で、ミシュラン1つ星レストランのディナーを堪能

 

 

 - レシピ>ドリンク , ,

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。