グルテンフリー&カゼインフリー18日目:淡路島玉ねぎのグルテンフリーカツ丼の晩ごはん

      2020/04/25

おはようございます。分子栄養カウンセラーのmanaです。
グルテンフリー&カゼインフリー18日目の晩ごはんをアップします。

グルテンフリー始めました!主人のカレーとサラダの夜ごはんとお昼ごはんに、グルテンフリーのメリット

グルテンフリーのメリットについてはこちらをどうぞ。

 

◆淡路島玉ねぎのグルテンフリーカツ丼
◆真鯛の昆布締め
◆アボカドとミックスリーフのデトックスサラダ
◆薬味たっぷりところてん
◆大根の甘酢漬け

主人のリクエストで、急遽カツ丼を作りました。見ていた動画にカツ丼が登場したようで、食べたくなったのだそう。

 

もちろん、グルテンフリーで作っています。

◆淡路島玉ねぎのグルテンフリーカツ丼

先日ご紹介したグルテンフリーのロースカツを作り、それをカツ丼にしました。

[レシピ]グルテンフリー♪玄米パン粉のロースカツ

レシピでは500gのブロックを4枚にスライスして厚切りにしていますが、今回は1枚100gのスライスで作っています。

お出汁は鰹やあごで、玉ねぎは淡路島の新玉ねぎを使って、玉ねぎも準主役にしてみました。

 

◆真鯛の昆布締め

成城石井で買った真鯛のお刺身を使って、昆布締めにしました。お刺身サラダと迷いましたが、別々に出しています。

 

◆アボカドとミックスリーフのデトックスサラダ

グリーンは、大分の自然農のミックスリーフに、リーフレタスを混ぜています。今回のミックスリーフは、水菜・紫水菜・ルッコラ・からし菜・わさび菜・スイスチャード・サラダほうれん草が入っていました。

味付けは、自然栽培のレモンをたっぷり絞り、フラックスシードオイルとヘンプシードで、胡麻油を少量香り付けに使っています。

 

◆薬味たっぷりところてん

主人のブームのところてん。薬味を用意するだけなので、手間がありません。自然農の生姜と無農薬の青ねぎに、炒り金胡麻です。

 

おまけのこの日のお昼ごはん。

◆クッパ

前の日にたくさん作ったユッケジャンスープをアレンジして、クッパにしました。卵をたっぷり追加して、ねぎも加えてお味を調えています。

 

朝の主人のスムージー。

◆ベリーとチアのベジプロテイン

豆乳ヨーグルトと豆乳をベースに、チアシードやヘンプシード、ブラックマカやマキベリーが入ったスーパーフードスムージーです。フルーツは、バナナ・ブラックベリー・ブルーベリー・文旦を入れています。

カゼインフリーを始めてから、主人のホエイプロテインだけがネックでした。
最初はこんなにグルテンフリー生活を続けるつもりはなかったので、成城石井で買ったインカインチプロテインを使ったりしていたのです。

ところが、思いの外、グルテンフリー&カゼインフリー生活が続いてしまい。インカインチプロテインはたんぱく質含有量が低いので、私用にして、いつもプロテインを買っている筋トレサプリのお店で主人のベジプロテインを買いました。

 

それでは、また。

 

 

 

 - おうちごはん>晩ごはん・お夜食 , , , , , , , , , , , , , ,

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。