ドクターマーチンのヴィーガンブーツ♪ホワイトデーの春のお出かけ靴のプレゼント

   

こんにちは。manaです。
先日の上野デートで買ってもらった靴を載せたいと思います。

 

 

この日の上野デートについては、こちらの記事に載せています。

【上野 ハンバーグ&ステーキ KURAUZO(クラウゾ)】家族で日本橋ランチからの、上野デート♪アメ横でお買い物と、ハンバーグ&ハラミステーキの晩ごはん

よろしければ、先にこちらの記事からご覧ください。

 

初めてのドクターマーチン。

勝手に「自分のテイストではない」と思い込んでいて、お店に入ったことがありませんでしたが、今回主人が連れて行ってくれて試着してみたら、ぴったりとハマるものに出会うことができました。

 

紐ありと紐なしの2種類のブーツで迷って・・・結局こちらを購入することにしました。

*ドクターマーチン VEGAN 2976 チェルシーブーツ

やっぱり、紐なしのブーツに決定!予想通りだったでしょうか。

紐ありの編み上げブーツに比べて丈が短いので、動きやすさは断然こちら。
見た目も、単体で見ると編み上げも可愛いなぁと迷ったのですが、履いてみたらこちらの方がしっくり来たので、紐なしにすることにしたのでした。

主人は、単体で見ただけで、紐なしの方が似合うとすぐにわかったそうで、最初からこちらをおすすめしてくれていました。ちょうどホワイトデー前の週末だったので、こちらがホワイトデーのプレゼントになりました♡

 

マーチンらしい後ろの太めの紐のおリボンや、ソールの黄色のステッチも健在です。

定番だとこのおリボンは黒×黄色ですが、こちらはアイボリー×黄色。黄色よりも金色っぽい感じでしょうか?このおリボンを引っ張って履くと履きやすいので、機能的にも必要な部分だということがわかりました。

ソールの黄色のステッチは、この色遣いがやっぱりマーチンらしいですね。パッと見て、マーチンとわかる個性派なのもいいところ。

 

お箱はこんな感じです。

初めてのマーチンで、お箱も取っておきたいのだけれども、もうしまう場所がなくて・・・。

主人からも捨てるように言われていて、そのうち捨てようと思っているのですが、何だかもったいなくて捨てられずにいます。気付かれないように、主人のホカオネオネの箱の下にさりげなく隠して、サバイバル中。

 

 

今回購入したのは、VEGANシリーズという入荷したばかりの新作です。

上野デートの記事でも触れましたが、お店の中で唯一の人工皮革を使ったシリーズとのこと。
見た目も可愛いのですが、これが実はかなり機能的なのです。

本革のものに比べて、何が良いかというと、

  • 雨の日でも履けること
  • お手入れが要らないこと
  • 軽いこと

あとは、気にされる方には重要かもしれない、

  • 動物製品を一切使っていないこと

も含まれるでしょうか。

 

タグにもVEGANの文字がたくさん。

イギリスはヴィーガンの方も多いので、イギリスのメーカーとしては、ヴィーガンフレンドリーなアイテムにも力を入れているみたいです。

 

 

この赤茶色のお色は、チェリーレッドというお色だそうです。
お店に入ると、主人も真っ先にこれを見て、「この赤のが似合うよ」と選んでくれました。

当初は、ブーツ=黒のイメージでお店に伺ったのですが、すっかりこの深みのある赤に一目惚れ。

 

早速試着しながら、定番の黒と迷っていると、「春はお洋服が明るめのお色になるので、足元も、黒よりは色味が入った方が合いますよ」と、店員さんからもおすすめされました。
確かに、デニムとひとつながりに見えてしまう黒よりも、少し色味が入った方がおしゃれだし、女性らしい感じがするように思います。

 

店員さんによると、こちらのお色は、マーチンでも珍しいお色なのだそう。
このシリーズ自体、各店舗での入荷が限られており、1回限りの入荷とのことでした。今見たら公式HPでも完売してしまっているので、気になる方はお早めにお問い合わせされてみた方が良いかもしれません。

 

ちなみにマーチンのブーツは、基本的に男女兼用らしく、デザインも一緒なのだそうです。
違いはサイズだけなので、夫婦でお揃いもできるなぁなんて思いながら見ていました。

主人にも買うか聞いたら、素っ気ない返事をされてしまいましたが・・・(笑)
この日は主人も気に入ったスニーカーを見つけて、後日無事に購入することができたので、そちらを今度ご紹介したいと思います。

 

先日の東京湾クルーズで、早速新しいブーツを履いて行きました。

【日の出 シンフォニー 東京湾クルーズ】サンセットクルーズのロマンティックなフレンチディナー

冬に一緒に買った、主人のワラビーと合わせて、パチリ。

BLEU DE CHANELのメンズオードトワレと、Clarksのワラビーブーツ

 

新しいマーチンのブーツは、底がクッションになっていて、思ったよりもずっと歩きやすくて、靴擦れもありませんでした。初めて履いたのですが、とても快適に過ごすことができて、可愛いだけでない機能性にも惚れ惚れ。

改めて、マーチンのブーツのファンが多いことに納得してしまいました。

まだ履き始めたばかりで硬いので、脱ぎ履きは大変なのですが、だんだん慣れてくるのも楽しみの1つでしょうか。また、履いているとだんだん出来てくるシワも、表情になるのだそう。自分だけの一足になるのが楽しみでもあります。

主人がプレゼントしてくれたブーツ、大事に履いていこうと思います。

 

 

ちなみに主人とは、毎回靴下をお揃いで合わせていたりします。
目立たないところですが、こういうのが何となく楽しかったりするのですよね。

 

こちらの靴下は、Tabioで買ったもの。

メンズとレディースとで若干色遣いが違いますが、お揃いになっています。
ストライプが可愛くて、コーデのアクセントにもなるし、私も主人もお気に入りの1足です。

 

 

余談ですが、こちらのブーツを履くときには、最初は長めの靴下がおすすめです。

というのも、また別の日にブーツの丈よりも短い靴下と合わせて履いたところ、履き口がふくらはぎに擦れて、ちょっと痛くなってしまいました。

もう少し革が慣れて柔らかくなってきたら大丈夫かなぁと思うのですが、それまではしばらく、靴下でガードして履いておこうと思いました。こんなので痛くなるのは、軟弱な私だけかもしれませんが・・・JFYIです。

 

主人の新しいスニーカーや購入した旅先コーデは、また別途ご紹介したいと思います。

それでは、また。

 

 

 - ファッション, 結婚・新生活 , , , , , ,

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。