【恵比寿 鼎泰豊(ディンタイフォン) 恵比寿店】台湾の小籠包でランチ

      2019/04/08

こんにちは。manaです。
週末のお出かけ、恵比寿編の続きです。

前編は、主人の靴を買うところまでだったので、よろしければこちらからどうぞ。

BLEU DE CHANELのメンズオードトワレと、Clarksのワラビーブーツ

 

新しいブーツを買った後は、アトレの中で軽くランチをすることにしました。

大好きな小籠包のお店、【鼎泰豊(ディンタイフォン)】です。

台湾でも食べましたが、東京に帰って来てからもときどきお邪魔しています。
よく言われているように、小籠包のお味は台湾とあまり変わらないような気がします。個数が少ないけれども(笑)

 

まずは、台湾ビールで乾杯です。

◇台湾ビール

 

私はお茶。

中華料理のお店って、お茶が最初から出てくるから好きです。
やっぱり私は、温かいお茶と一緒にごはんをいただくのが一番好きみたい。

 

ランチタイムだったので、セットの中から選びました。
お互い気になっていたものがかぶっていたので、違うものを頼みました。

まずは、小籠包が運ばれてきます。

◇小籠包

それぞれ、セットの4個入りのものを6個入りに変更しました。
ホタテとずわい蟹とウニのものも食べたことがありますが、私はこのスタンダードな豚肉のが一番好きです。

 

日によって中のスープがぬるめのこともあるのですが、この日はアツアツでした。

 

ほどなくして、メインが運ばれてきました。
主人は、炒飯と迷って麺に。

◇牛肉の煮込み麺

台湾で泊まったホテルのルームサービスで食べて、あまり美味しくなかった牛肉麺。それ以来、何となく牛肉麺にトラウマある私たちですが、主人がリベンジしてみることにしました。

しっかり煮込まれた大きな牛肉がゴロゴロ入っていて、スープはお醤油ベースでお肉のお出汁がしっかり効いていました。台湾で食べたのよりは臭みがなかったけれど、やはりお肉に独特の香りがあります。

 

私は、麺と迷って炒飯に。

◇ずわい蟹入り炒飯

こちらは間違いないメニューですね。パラリと仕上がったごはんが美味しくて、蟹もわりとたくさん入っているのが嬉しいポイント。麺より炒飯の方が美味しかったように思いました。

セットにはそれぞれ小皿と、炒飯にはわかめスープが付いてきます。小皿はチャーシューともやしの和え物で、わりと味濃いめでした。

 

鼎泰豊は、わりといろいろなところに店舗があるので、出先でちょっと食べたくなったときに立ち寄ることも多いです。ここに来ると、台湾に行きたくなります。

HPはこちらです。

鼎泰豊 ディンタイフォン

 

お腹もいっぱいになったところで、またアトレの中をブラブラとウィンドーショッピングして、帰りました。翌日の日曜日もまた用事があってお出かけしたので、別途アップしたいと思います。

それでは、また。

 

 

 

 

 - お出かけ, グルメ>中華 , , , , , ,

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。