鶏肉と豚肉の酒粕味噌焼きに、鶏皮とアスパラガスの炒め物など、旅行前の冷蔵庫整理な晩ごはん

      2019/07/27

おはようございます。manaです。
一昨日の晩ごはんをアップしたいと思います。

旅行前の晩ごはんということで、冷蔵庫整理メニューです。お野菜がほとんどないので苦肉の策で、辛うじてこんな感じになりました。

◆鶏肉と豚肉の酒粕味噌焼き
◆鶏皮とアスパラガスの炒め物
◆ヘダイの薬味ポン酢和え
◆ぬか漬け(きゅうり、茗荷)
◆らっきょう漬け

ここ最近飲み会が続いていた主人なので、アルコールなしで、糖質オフの和食メニューにしました。
案外おつまみっぽくもあり、お酒は飲みませんでしたが、なかなか好評でした。

 

◆鶏肉と豚肉の酒粕味噌焼き

先週末に主人と大丸で食べた鶏肉の味噌漬けが美味しかったので、早速お家でも作ってみました。
鶏もも肉と豚ロース肉の2種類を漬けて、オーブンで焼いています。

基本のレシピはこちらでご紹介しています。

[レシピ]豚ロースの酒粕味噌漬けグリル

今回は、お醤油も加えて分量を調整してみています。

 

◆鶏皮とアスパラガスの炒め物

九州食肉学問所の鶏皮をカリカリになるまで焼き、生姜とアスパラガスで炒めました。
上質な鶏油もたくさんできて、一石二鳥。

 

◆ヘダイの薬味ポン酢和え

生協から届いた五島列島のヘダイのお刺身を使って、さっぱりポン酢和えにしました。
生姜と小ねぎをたっぷり乗せています。

 

食後は、先日福島屋で購入したアイスをいただきました。

久保田食品の無添加のアイスで、ミルク紅茶とごまです。
最初主人が紅茶、私がごまを選んだのですが、お互いのを一口ずつ味見したときに、主人が「ごまの方が好きかもしれない」とのことで、交換しました。

私も実は紅茶の気分だったので、交換できてお互いハッピーでした♪

 

こちらは、食前のおやつ。

主人のシンガポールの同僚のお土産のジャーキーです。
甘辛い豚肉で、フィッシュオイルの風味が付いているのですが、なんと無添加で、原材料はシンプルに、[豚肉・砂糖・フィッシュオイル]のみとのこと。

こういうのって、大抵は着色料や発色剤などが使われているので、無添加なことに驚きました。

 

 

ちなみにこの日は旅行の前々日で、あともう1日(2食)あります。
お野菜がなくて、しょんぼり気味の私ですが、そんな出発前日の冷蔵庫整理ごはんもまた載せたいと思います。

それでは、また。

 

 

 

 

 - おうちごはん>晩ごはん・お夜食 , , , , , , , , ,

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。