[レシピ]ブルドック「ごまとにんにく かけるたれ」を使った、オーブン焼きハンバーグのごまとにんにくソースがけ~焼き野菜を添えて~

      2018/04/29

 

ブルドック「ごまとにんにく かけるたれ」を使った、オーブン焼きハンバーグのごまとにんにくソースがけ~焼き野菜を添えて~のレシピ

 

 

[材料](2人分)

~ハンバーグ用~
 合挽肉もしくは牛挽肉  400g
 玉ねぎ  小さめ1個
 オリーブオイル  小さじ2
 卵  1個
 ○お塩  小さじ1/2
 ○黒胡椒  適量
 ○ナツメグ  少々
 ○オールスパイス  少々
 ○ガーリックコース  少々
~ガルニチュールおよび仕上げ用~
 茄子  1本
 パープルアスパラガス  3本
 スティックセニョール  4本
 オリーブオイル  適量
 ブルドック「ごまとにんにく かけるたれ」  たっぷり
 万能ねぎ  2本
 摺り胡麻  少々
 糸唐辛子  少々

 

[下準備]

  • 玉ねぎはみじん切りにして、オリーブオイルで炒めておく。炒める途中で、ほんのひとつまみのお塩(分量外)を入れると良い。火が通ったら、バットなどに広げて移して冷ましておく。
  • 茄子は縦4等分に、アスパラガスは袴を取って半分に折り、スティックセニョールはサッと茹でておく。
  • 万能ねぎは刻んでお水にさらし、しっかり水気を切っておく。
  • オーブンは200℃に予熱しておく。

 

[作り方]

  1. 挽肉、炒め玉ねぎ、卵をボウルに入れて、スプーンで混ぜ合わせる。全体が合わさったら手に替えて、さらに混ぜる。○の調味料を入れ、粘り気が出て白っぽくなるまでしっかりと混ぜる。
  2. 4等分にし、左右の手で交互に投げ渡すようにしながら空気を抜く。キレイな楕円形になるように丸めて成形する。
  3. 熱したフライパンにオリーブオイルを引き、真ん中をくぼませてからタネを乗せる。強めの中火で焼き付けるようにし、こんがりいい色になったら裏返して、やや火を弱めて蓋をする。
  4. 裏側にも焼き目が付き、フチの色が変わったら取り出し、予熱しておいたオーブンに入れて20~23分ほど焼く。
  5. フライパンにオリーブオイルを引き、アスパラガスと茄子を入れて中火にかけ、油を馴染ませるように炒める。焼き色が付いたら火を止めて、オーブンに入れる。
  6. 焼き上がったらハンバーグとお野菜をお皿に盛り付け、ブロッコリーも乗せ、万能ねぎ・摺り胡麻・糸唐辛子をトッピングし、 ブルドック「ごまとにんにく かけるたれ」をたっぷりかけて、完成。

 

[メモ]

  • 今回は、「ネクストフーディスト」の就任プレゼントとしていただきました、ブルドック「ごまとにんにく かけるたれ」を使いました。
  • パン粉を使わない糖質オフなハンバーグです。ふわふわではなく、お肉がギュッと詰まっているので食べ応えアリ!お肉好きな方にもおすすめできるレシピです。
  • お肉は合挽肉で作りましたが、牛挽肉でもOKです。オーブンで加熱すると中までしっかり火が通るので、合挽肉でも焼け具合に気を遣わずに作れるのが嬉しいポイント。肉ダネを成形するときも、フライパンで焼くときほど、しっかりと真ん中をくぼませなくても大丈夫です。
  • フライパンで焼くのは、肉汁が溢れないようにするためと、焼き色を付けるため。なので、中まで火が通らなくて大丈夫です。表面が固まったら取り出して、オーブンに入れるようにしましょう。
  • オーブンに入れてしまえば、後はほったらかしで大丈夫なので、この間にスープや副菜の準備をすることができます。(私はこの間にお風呂に入ることも・・・笑)
  • 肉ダネを最初から手でこねないのがポイントでしょうか。手の温度が伝わりすぎず、タネがだれにくいし傷みにくいです。
  • 上に書いたことと反するようではありますが、しっかりこねることが美味しさの秘訣です。最初はスプーンで、途中からは手で、生地がなめらかになるようにこねていきます。
  • 玉ねぎを炒めるとき、通常はバターで作りますが、今回はあっさりとオリーブオイルで作っています。もちろん、バターやラードを使っても構いませんので、お好きな油脂で作ってくださいね。ひとつまみのお塩(分量外)がポイントです。
  • スパイスは、ナツメグとオールスパイスは必ず入れてほしいですが、それ以外はお好みのものでアレンジしてください。ガーリックコースはなくても構いませんし、代わりにみじん切りのにんにくを玉ねぎと一緒に炒めても美味しいです。
  • 基本のハンバーグのレシピは[参考リンク]のところにリンクを貼っておきます。
  • お野菜はお好きなもので構いません。今回は、春のアスパラガスとブロッコリーをメインに、個人的に大好きな茄子も入れてみました。キャベツやもやしなどを炒めて敷いても美味しそうです。
  • お野菜を焼くとき、オリーブオイルににんにくを入れて、香りを出してから炒めても美味しいです。お野菜には味付けはせず、上から最後にかけるタレで味付けするようにしましょう。
  • お野菜はハンバーグよりも火が通りやすいので、時間差でオーブンに入れるようにします。面倒であれば、お野菜はフライパンで焼いて仕上げてもOKです。
  • オーブンの種類によって、焼き加減が変わってきますので、温度や焼き時間は適宜調節してくださいね。オーブンのハンバーグモードがあれば、それを利用するのも良いと思います。

 

[参考リンク]

オーブン焼きハンバーグのごまとにんにくソースがけに、たっぷりワカモレで、ジム帰りの深夜の晩ごはん

 

[レシピ]ハンバーグ(糖質オフバージョン付き)

 

 

 - モニター, レシピ>ごはん , , , , , , , , ,

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。