[レシピ]ミネストローネ風♪ロールキャベツのトマト煮込み

      2018/12/11

 

ミネストローネ風♪ロールキャベツのトマト煮込みのレシピ

 

 

[材料](4人分)

~ロールキャベツの材料~
キャベツ 1玉(使う量は8枚ですが、丸ごと必要です。)
牛挽肉 500g
玉ねぎ 1個
1個
バターもしくはオリーブオイル 20g
小さじ1/2
黒胡椒 少々
ナツメグ 少々
オールスパイス 少々
ガーリックコース お好みで
~ミネストローネの材料~
トマト缶 1缶
ベーコン 3~4枚
コンソメ 1個
ケチャップ 大さじ1
ローリエ 1枚
小さじ1/2
甜菜糖 小さじ1/2
黒胡椒 少々
〈お好きなお野菜〉
 玉ねぎ 1個
 人参 1/2本
 カブ 1個
 セロリ 1本
~仕上げ用~
パセリ お好みで
粉チーズ お好みで

 

[下準備]

  • 玉ねぎを「クイジナート スリム&ライト マルチハンドブレンダー」の「チョッパー」でみじん切りにして、バターもしくはオリーブオイルで炒めておく。炒める途中で、ほんのひとつまみのお塩(分量外)を入れると良い。火が通ったら、バットなどに広げて移して冷ましておく。
  • 大きめのお鍋にお湯を沸かし、お塩(分量外)を入れておく。
  • ベーコンは細切りにしておく。
  • 玉ねぎは薄切りに、人参はいちょう切りに、カブは半月切りにしておく。セロリは筋を取って輪切りにしておく。

 

[作り方]

  1. 挽肉、炒め玉ねぎ、卵をボウルに入れて、スプーンで混ぜ合わせる。全体が合わさったら手に替えて、さらに混ぜる。塩・胡椒・スパイス類を入れ、粘り気が出て白っぽくなるまでしっかりと混ぜる。
  2. タネを中央に寄せ、ラップをして冷蔵庫で寝かせる。その間にキャベツの準備をする。
  3. 〈キャベツの剥がし方のコツ〉一番外側にある剥がしたい葉っぱを1枚つまみ、残りの塊から少し浮かせるようにし、その葉っぱと塊との間に水道のお水を入れていく。剥がしたい葉っぱの根元(芯の際)に、包丁で軽く切り込みを入れる。水道を目一杯ひねり、シャワーがあればシャワーにし、葉っぱの中に溜まったお水の重さとシャワーの水圧で、塊から葉っぱを1枚だけ剥がすようにする。剥がしたい葉っぱがほぼ本体から剥がれそうになったら、葉っぱ全体を手で支えながら、剥がす。
  4. 剥がした葉っぱを、沸かしておいたお湯でサッと茹でる。グリーンが鮮やかになったら、すぐにザルに取り出し、軽くお水にくぐらせて、キッチンペーパーで水気を切る。
  5. 芯の部分を削ぎ落とし、他と同じ厚さになるように調整する。厚い葉脈があれば削ぎ落とし、なるべく厚さを均一すると巻きやすい。
  6. タネを冷蔵庫から取り出し、キャベツの芯を「チョッパー」でみじん切りにして、タネに加える。全体を混ぜ合わせたら軽く手でこね、8等分する。手で丸めて形を整える。
  7.  キャベツに1枚ずつ軽く塩胡椒(分量外)をし、芯の方を手前にして置き、芯に近い方に丸めたタネを置く。

    そのままクルッと1回巻いて、筒状にしてから、両端を順に折り込み、さらにクルクルと、ちょっときつめに巻いていく。包んだら、巻き終わりを下にして、お鍋に隙間なく並べる。
  8. その上から、細切りにしたベーコンとお好みのお野菜を入れ、トマト缶・ローリエ・お水2カップを入れて火にかける。
  9. 沸騰したら弱火にして、コンソメとケチャップを加え、蓋をして30~40分程度煮込む。塩・胡椒で味を調えて、お野菜が柔らかくなったら、火を止める。お皿によそい、お好みで粉チーズとパセリを乗せて、出来上がり。

 

[メモ]

  • 定番のロールキャベツのトマト煮込みに、季節のお野菜をいろいろ入れて、ミネストローネ風にしてみました。使うお野菜は冷蔵庫にあるものでOKです♪旬のお野菜やキノコなどで作ってみてください。
  • 冬は大根やカブが美味しいですし、夏は茄子やズッキーニやパプリカがおすすめ。玉ねぎと人参は、私は年中入れています。余ったキャベツを入れてもいいですね。
  • 破かずキレイに剥がすのが難しい、丸ごとキャベツの下処理のやり方も詳しく載せてみました。キレイなロールキャベツを作るには、作り方の3の工程が一番ポイントです。手で無理に剥がさずに、水圧と葉っぱに溜まったお水の重さで、自然に剥がすようすると、簡単にキレイに剥がれます!ぜひお試しくださいね。
  • キャベツを選ぶときに、ずっしりと重いキャベツではなく、巻きのゆるい、ふんわりしたキャベツを選ぶのもポイントです。(その方が美味しいですしね。)
  • キャベツは茹ですぎないように、サッとを心がけましょう。緑が鮮やかな色が変わって、芯が少し柔らかく扱いやすくなるぐらいで取り出すようにします。
  • 市販の挽肉を使いましたが、お好きな牛肉で挽肉を作って使っても構いません。「チョッパー」を使えば、挽肉もあっという間なので、手間もかかりませんし、お手軽に自家製挽肉にも挑戦できます。
  • 今回は牛肉100%で作りましたが、合挽にしても美味しいです。お好きな部位で、お好きなお肉で作ってみてください。
  • お肉の旨味が感じられるように、タネのつなぎは最低限で作っています。お好みで、牛乳に浸したパン粉や、摩り下ろした長芋などを加えても美味しいです。
  • 今回は、捨ててしまうところのキャベツの芯を入れてみましたが、もちろん入れずに作っても構いません。また、キャベツ以外に、キノコ類を刻んで一緒に混ぜても美味しくできます。
  • タネのスパイスは、ナツメグとオールスパイスは必ず入れてほしいのですが、それ以外はお好みのものでアレンジしてください。ガーリックコースの代わりに、みじん切りのにんにくを玉ねぎと一緒に炒めても美味しいです。
  • 玉ねぎを炒める油は、バターだと洋食っぽいコクのある仕上がりに、オリーブオイルだとさっぱりヘルシーな仕上がりになります。お好みで使い分けてくださいね。もちろん、それ以外油脂を使っても構いません。ひとつまみのお塩(分量外)がポイントです。
  • ミネストローネに入れるベーコンは、あると旨味が出て美味しくなりますので、ぜひ入れてみてほしいです。なければソーセージなどで代用してもいいかもしれません。
  • キャベツでタネを巻くときには、キャベツがピンと張るくらい、きつめに巻くようにします。そうすると、楊枝を使わなくても、煮ているうちに剥がれたりもありません。心配な方は、もちろん楊枝を使ってもOKですが、よそうときに外すのを忘れないようにしましょう。
  • 煮るときのお鍋は、全てのロールキャベツがぴっちり並ぶような大きさのお鍋を選びます。ちょっと小さいかな?ぐらいにギュッと詰めるのがいいと思います。小さめだと、煮ているうちにキャベツが踊らないので、煮崩れもなく仕上がります。
  • 今回は、「クイジナート×レシピブログ」のモニターコラボ広告企画で、クイジナート様からプレゼントいただきました、「クイジナート スリム&ライト マルチハンドブレンダー」を使いました。ハンブレでらくらく♪時短レシピ』をテーマにレシピを考えさせていただいております。
  • 「クイジナート スリム&ライト マルチハンドブレンダー」は、「ブレンダー」「チョッパー」「ビーター」の3つの機能が付いており、その中で今回は、「チョッパー」を使って作りました。
  • びっくりするほどあっという間にみじん切りができて、いつもは時間のかかる玉ねぎのみじん切りも数秒で済んでしまいました。

    キャベツの芯も、この量だと、パルス運転で数秒でみじん切りになるので、肉ダネに練り込むのも簡単でした。

 

[参考リンク]

「クイジナート×レシピブログ」のコラボ広告企画!1台3役の「クイジナート スリム&ライト マルチハンドブレンダー」をいただきました♪

 

ミネストローネ風ロールキャベツのトマト煮込みで、クイジナートのチョッパーを使って手早くお家ランチ

 

 

【レシピブログの「ハンブレでらくらく♪時短レシピコンテスト」参加中】

ハンブレでらくらく♪時短レシピコンテスト
ハンブレでらくらく♪時短レシピコンテスト

 

 

 

 

 - モニター, レシピ>ごはん , , , , , , , , , , ,

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。