[レシピ]ライム香る♪ジン・トニック

      2018/11/06

 

ライム香る♪ジン・トニックのレシピ

 

 

[材料](1人分)

○ジン 40cc
○炭酸水 120cc
ライム 1/2個
たっぷり
ライム(飾り用) お好みで

 

[下準備]

  • ライムは串切りに切っておく。

 

[作り方]

  1. グラスにライムを絞り入れ、たっぷりの氷を入れる。
  2. まずジンを入れ、続いて炭酸水をゆっくり注ぎ、軽くステアする。
  3. お好みでスライスしたライムを添えたら、完成。

 

[メモ]

  • 定番ですが、何のお料理にも合うジン・トニックは主人のお気に入りのカクテルの一つです。お好みやその日の気分でライムを多めにしてみたり、ライムの代わりに季節の柑橘を使うのも自家製ならではの楽しみです。
  • ライムは、防カビ剤不使用のものを選ぶようにしています。オーガニックスーパーなどで取り扱いがありますが、私は成城石井で購入することが多いです。
  • ライムが多めの分量になっていますので、お好みでこの半量(1/4個)にしていただいても構いません。ライムの大きさにもよると思いますので、適宜調節してください。
  • ライムがなければ、レモンで作っても似たような系統のお味に仕上がります。ただ、ライムの独特の香りがジン・トニックの風味を作っているので、やはり別物感は出てしまいます。
  • ライムの代わりに、季節の柑橘を使ってみるのも楽しいです。かぼすやすだちなど、少し香りにクセがあるものの方が組み合わせると面白いです。
  • ジンをウォッカに替えたら「ウォッカ・トニック」に、テキーラに替えたら「テキーラ・トニック」(テコニック)になります。また、炭酸水をジンジャーエールに替えたら「ドラゴン・フライ」になります。
  • 使うジンは、辛口のドライジンを使うと一般的なジン・トニックのお味に仕上がります。繊細なクラフトジンなどはライムの香りに負けてしまうので、もしそういうジンを手に入れた際は、ロックで楽しんでいただく方がおすすめです。
  • 我が家は、ボンベイサファイアで作るのがお気に入りです。まだあまりいろいろなジンで試したことがないので、他のジンでもいろいろ試してみたいと思っています。
  • ジンはアルコール度数が高いので、冷凍しても凍らないため、私は冷凍庫で保管しています。ウォッカなんかも冷凍庫に入れておくようにしています。

 

[参考リンク]

ぴょんぴょん舎の盛岡冷麺と、バルセロナ ジンロウで作る本格派ジントニック

クラフトジンの「バルセロナジンロウ」を購入して、ジントニックを作ってみました♪

 

鶏せせりの塩焼きと玉ねぎのステーキ、小松菜とポルチーニ茸のバターソテーに、人参のポタージュのお野菜多め晩ごはんと、ボンベイサファイアでジントニック

ボンベイサファイアで作ってみたら、好評だったお話♪

 

麻婆茄子と、ズッキーニのチーズ焼きで、お野菜のおかずの晩ごはん

ライムがなくて、レモンで作ってみたときの主人の感想は、こちら♪

 

チゲ鍋と、いろいろキノコのソテーにFRIDAYS風ワカモレで、糖質オフな晩ごはん

直近では、チゲ鍋やワカモレと一緒に出してみました♪

 

 

 

 

 - レシピ>ドリンク , ,

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。