[レシピ]若鶏のみぞれ煮

      2018/05/20

 

若鶏のみぞれ煮のレシピ

 

 

[材料](2人分)

~竜田揚げの材料~
 鶏もも肉  400g
 ○お醤油  大さじ2
 ○お酒  大さじ2
 ○みりん  大さじ1
 ○生姜  小さじ1
 片栗粉  適量
 オリーブオイル  適量
~みぞれつゆの材料~
 ◎ミツカン「八方だし」  100cc
 ◎お水  400cc
 大根おろし  1/2本分(200g)
 茄子  1本
 万能ねぎ  2本

 

[下準備]

  • 鶏肉は大きめの1口大(約8等分)にカットしておく。
  • 生姜は摩り下ろして、○の調味液の材料を合わせておく。
  • ◎の材料を合わせて、みぞれつゆのベースを作っておく。
  • 大根をおろして、大さじ2を仕上げ用に取り分けておく。
  • 茄子は縦半分に切り、皮に格子状に隠し包丁を入れておく。
  • 万能ねぎは刻んでお水にさらし、しっかり水気を切っておく。

 

[作り方]

  1. 鶏肉を、下準備で合わせた○の調味液に入れて、30分程度置く。
  2. フライパンにオリーブオイルを入れて、茄子を素揚げする。多めの油で揚げ焼きにしても良い。
  3. 鶏肉を調味液から取り出して水気を切り、片栗粉をまぶし、熱したオリーブオイルに入れて揚げ焼きにする。全部の面を転がしながら焼き、こんがり色付いたら取り出し、しっかり油を切る。
  4. ◎のみぞれつゆのベースをお鍋に入れて火にかけ、温まったら大根おろしを入れ、竜田揚げと茄子を加える。ひと煮立ちしたら火を止めて、お皿に盛り付ける。万能ねぎと、仕上げ用の大根おろしを乗せて、完成。

 

[メモ]

  • 今回は、「ネクストフーディスト」の就任プレゼントとしていただきました、ミツカンの「八方だし」を使いました。

    濃縮タイプになっており、普通の麺つゆと同じ感覚で使うことができました。
  • みぞれつゆは、ちょっと多めの分量になっています。余ったら、お野菜を焼いたものをお浸しにしたりしてご利用くださいね。
  • 鶏肉は、大きいまま1枚で作って、盛り付けるときにカットしていただいても構いません。逆に、お弁当に入れるときには、もっと小さな一口大で作ると食べやすくなります。
  • 大根おろしの量は適当で構いません。大根の大きさによって前後するので、私も毎回ちょっとずつ量が違いますが、量が変わっても美味しくできるので大丈夫です。また、大根のおろし汁も一緒に入れて煮ていますので、捨てずに一緒にお鍋に入れてくださいね。ただし、仕上げ用に取り分ける分は、水気のないところを入れるようにしています。
  • お野菜は茄子がおすすめですが、オクラやししとう、長ねぎやパプリカなんかも美味しいです。何種類か入れても楽しいので、いろいろにアレンジしてみてください。
  • 竜田揚げは、私は揚げ焼きにしていますが、普通に油で揚げてももちろん構いません。揚げても焼いても、とにかく外側がカリッとなるようにするのがポイントです。
  • みぞれつゆに竜田揚げを入れたら、あまり長い時間に過ぎないようにします。せっかくのカリッとした衣が、ふやけてしまったり剥がれてしまったりするので、ひと煮立ちしたらすぐに火を止めて、お皿によそうようにします。

 

[参考リンク]

若鶏のみぞれ煮とお味噌汁で、和食の少なめ晩ごはんと、食後の出来立てクッキーアンドクリームジェラート

 

[レシピ]アボカドと湯葉のさっぱり豆乳おそうめん

 

 

 - モニター, レシピ>ごはん , , , , , , , ,

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。