黒トリュフを使ったキノコのポタージュと、ザブトンステーキの晩ごはん、食後のブランデーレーズンジェラートと、ジェレミー&ジェマイマの綿菓子

   

こんにちは。manaです。
昨日の晩ごはんをご紹介したいと思います。

 

◆黒トリュフを使ったキノコのポタージュ
◆ザブトンステーキ トリュフソース
◆蓮根とキヌアのツナサラダ
◆桜おぼろ豆腐

主人の大好きなキノコのポタージュがメインの晩ごはんです。

 

◆黒トリュフを使ったキノコのポタージュ

パリで食べて美味しかったので、我が家でも作るようになったメニューです。
フランスに比べて、日本のキノコは香りが強くないので、パリで食べた物に比べると優しい味わいに仕上がります。

今回は、舞茸・エリンギ・傘開きマッシュルーム(2色)・トリュフを使いました。
作り方は前回と同じで、トリュフバターで玉ねぎをしっかり炒めて、小麦粉とボルディエのバターでルウを作り、ハーブ入りのベジブイヨンと胡椒で煮込み、ミキサーにかけたら牛乳と生クリームで伸ばし、トリュフソルトでお味を調えるだけ。仕上げに黒トリュフのスライスと、生クリーム・黒胡椒を乗せて、いただきます。

主人からも大好評で、なんと3杯もお替りしてくれました。

 

◆ザブトンステーキ トリュフソース

こちらは、ホルモン剤不投与のオーシャンビーフのザブトンステーキ。
スープに入れたトリュフの端っこを使い、お醤油とトリュフのソースで仕上げました。

大きめの1枚を2人で半分こしたのですが、お肉が全然足りませんでした。次回は1人1枚ずつにしようと思います。

 

◆蓮根とキヌアのツナサラダ

蓮根・人参・玉ねぎ・キヌア・ツナのサラダです。
レモンと牛乳をベースにしたドレッシングで下味を付けてから、マヨネーズで和えています。

キヌアをサラダに入れるのがすっかり気に入ってしまい、結構いろいろなものに入れて楽しんでいます。今度はラタトゥユとかにも入れてみたいなぁなんて思っているところ。

 

◆桜おぼろ豆腐

1つだけ仲間外れの和の一品。桜の入った季節限定のおぼろ豆腐です。
桜のお塩でいただくのですが、少し物足りなくて、薄口醤油も使いました。

 

食後は、出来立てのジェラートをいただきました。

◆ブランデーレーズンジェラート

熟成させたブランデーレーズンと、ブランデーそのものもたっぷり入れた自家製ジェラート。
まだ出来立てなので、ふわふわな状態でソフトクリームみたいでした。

主人からも好評で、これは定番のフレーバーですね。

 

それから、ホワイトデーに買った綿菓子も、お味見用で買ったのでいただきました。

◇JEREMY & MEMIMAH 京わたがし

京都にある綿菓子のお店で、期間限定で新宿伊勢丹に出店していたのでした。

主人のリクエストで、お家用には青い色が付いたものを買ってきたのですが、そのフレーバーがなんとチョコミント。あまり惹かれないお味だったので、テンション低めの私たちです。

 

別添えのチョコレートパウダーをかけていただきます。

ベースのザラメは美味しいものを使っている感じはするものの、ちょっと異質なミントフレーバーでかき消されてしまって、あまり楽しめない感じ。プレーンが良かったかなぁと思いました。

「チョコミント」って、やっぱり綿菓子には合わないですね。
他には、柚子やほうじ茶、抹茶、コーヒー、黒蜜きなことかもありました。

それでも、何十年ぶりに食べた綿菓子は何だか懐かしくて、子供の頃を思い出しました。

 

それでは、また。

 

 

 - おうちごはん>おやつ, おうちごはん>晩ごはん・お夜食, グルメ>スイーツ・パン , , , , , , , ,

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。