【銀座 COMPHO マロニエゲート銀座2店】Pierre Frey(ピエールフレイ)の生地探しと、マロニエゲートでフォーの晩ごはん

   

こんにちは。manaです。
先週末の土曜日は、新居のカーテンの生地を見に行ってきました。

 

 

年末年始のヨーロッパ旅行で、パリで泊まったホテルのカーテンがすごく気に入ったので、ホテルにお問い合わせをして、生地のデザイナーを教えていただきました。

それが「Pierre Frey(ピエールフレイ)」のものだったので、似たような生地がないか、日本の代理店に探しに行くことにしました。

 

ピエールフレイのカーテンを見に行く

ちょうど近所に取り扱い店があり、この日も営業されていたので行ってみました。

ピエールフレイのコーナーはわりと広め。

 

ズラリと並ぶ生地はなかなかのものでした。

 

ちなみに、これら全てがカーテン用というわけではありません。
そもそも、生地自体にカーテン用などの区別がないので、用途に応じて生地の厚さや機能から選んだり、裏地を付けたり加工してその用途に合わせるというイメージです。

 

最近のコレクションの傾向として、以前のポップで明るい雰囲気のものは少なく、落ち着いた雰囲気のものや、ちょっと暗めのお色味が多めでした。

今年の新作。

まさかの、ネイティブアメリカン柄(笑)

いえ、素敵なんですけれどもね!ただ、私はお家にこれを飾ろうとは思わないでしょうか。
主人は冗談半分で、「これでもいいよ!」なんて言っていました。

 

私としては、明るいお色でお部屋がパッと華やぐような、暖色系のものが欲しい感じ。
主人も同じ意見で、やはりイメージはパリのホテルみたいな感じにしようとなりました。

*2017.12*パリ旅行 ~年越しヨーロッパ~ 1日目 – パリに到着!最初のホテル「Hotel Fabric」へ

 

展示されている中で、まぁいいかなぁと思った生地もいくつかありました。

動物さんがいっぱいの、マルチカラーの生地。

 

グリーンのボタニカル柄の生地。

どれも悪くはないのですが、いまひとつ、これだ!と思えるものがなくて、購入には至らずでした。

ザックリのお見積りだけ出していただいたのですが、これで一窓が30万円以上とのこと。それなら、もっと気に入ったものが欲しいなぁと思ってしまいました。

 

主人は、パリに買い付けに行こうかと言っていて、今フランスの本社に問い合わせてみています。
本当に、カーテンを買うためにパリまで行ってしまうのでしょうか?結果や如何に?!

 

築地改め、銀座へ

その後は、クッションなどを見に豊洲に行こうかと話していたのですが、思ったよりも時間がかかってしまって遅くなったので、築地のお寿司屋さんに行くことにしました。
連休中ですが、お電話したら空いているそうだったので、すぐに向かうことにしました。

 

自転車に乗って走り出すと、すぐに主人が途中で止まりました。
なんと!前のタイヤがパンクしているみたいで、タイヤがどんどんぺしゃんこに。

主人の自転車はロードバイク専門店でないと直せないので、応急処置は難しいとのこと。
そんなわけで、自転車で向かうのは諦めて、一旦近くの駐輪場に自転車を停めて、歩いてお寿司屋さんに向かうことにしました。

 

京橋から築地までは、歩くと20分ぐらいかかります。お腹も空いたし肌寒いので、自然と足早になる私たち。途中で銀座を経由するので、美味しい誘惑がいっぱいあります。

とりあえず、翌日のパンでも買おうとマロニエゲート(旧プランタン銀座)に入ることにしました。

 

マロニエゲート2の地下にある、プランタン時代によく買ったパン屋さん、【ビゴの店】。
久しぶりに行っても、私の好きだったパンがまだありました。

 

時間が遅かったので、最後の2個だけでしたが、これ。

◇クロワッサン ジャンボン

ハムの入ったちっちゃなクロワッサンです。
男性なら一口で食べられてしまうサイズでしょうか。

マロニエゲートの地下には、買ったものをいただけるようにテーブルと椅子が用意されているので、早速1個ずついただくことにしました。ポットのお茶を飲みながら、ミニクロワッサンをパクパク。

 

ちょっと食べて止まらなくなった私たちは、こちらもいただきました。

クロッカンとベリー&クリームチーズのデニッシュ。
私がクロッカン、主人がデニッシュを選びました。

胡桃がぎっしりで、食べ応え抜群!

断面図です。

 

と、パンで弾みが付いてしまって、結局ここでお夕飯を食べようかということになり、築地は断念することにしました。そして、目の前にあった、フォーのお店に入ってみることにしました。

【COMPHO マロニエゲート銀座2店】です。

 

本格的なレストランと言うより、イートインっぽい雰囲気。先にお会計を済ませて、テーブルまで運んでいただき、最後はトレーを返却するシステムになっていました。

 

主人は、飲み物も頼みました。

ハートランドビール。最近気に入って、ときどき飲んでいるもの。
たまたまお店にこれがあったので、ちょっと嬉しそうでした。

 

さて、メインのフォーもすぐに運ばれてきました。

◇ゴマのフォー

こちらが主人の頼んだ、胡麻のフォー。白と黒の練り胡麻がたっぷりかかって、肉みそが乗っています。主人のは、麺を大盛りにして、温泉卵を付けました。

 

◇鶏のフォー

こちらが私が頼んだ鶏のフォー。化学調味料を使わないスープがウリだそうで、自然な優しいお味にホッとします。私は、麺はそのままで、温泉卵とパクチーをトッピングしました。

全部乗せると、こんな感じです。パクチーたっぷりで嬉しい~!

 

テーブルには、自由に使える調味料が用意されています。

私は、ナンプラーとレモン汁を足して、お味を調整してみました。

もやしとパクチーが合わさった「もやパク」や揚げ玉も乗せ放題で、いろいろにトッピングを楽しむことができるようになっています。

 

1つだけ、サイドオーダーも頼んでみました

◇生春巻き

主人と半分こでいただきましたが、青じその香りが良く、なかなか美味しかったです。
久しぶりに、お家でも生春巻きを作りたくなりました。

 

と、こんな感じで、当初の予定とは違う行動でしたが、楽しい1日を過ごすことができました。

 

この後はまた京橋に戻り、明治屋に寄ってフルーツやおうどんを購入しました。
自転車を転がしながら、ゆっくり歩いてお家に帰りました。

こちらが明治屋で買ったフルーツ。

メキシカンマンゴーが入ったセットがあったので、購入してみました。
翌日にいただいたので、そちらはまた別途載せることにします。

 

それでは、また。

 

 

 - お出かけ, グルメ>エスニック, 結婚・新生活 , , , , , , , ,

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。